シンニチ保険WEB

インターリスク総研、企業向け危険予測訓練アプリのスマホ版を提供開始

インターリスク総研は、企業向け危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」のスマートフォン版を開発し、提供を開始した。
一定時間内に運転中の映像内の危険個所をタッチすることでトレーニングすることができるアプリで、運転時は、瞬時に判断が求められるため、トレーニングによって危険感受性を高めることで交通事故防止効果が期待できる。今回の開発に伴い、学識者によるスマートフォンでの危険予測訓練による効果検証を行い、(1)危険個所の見落としが減少、(2)危険個所を発見するまでの時間が短縮の効果が実証された。
これまでタブレット端末にのみ対応していたが、近年、急速に普及が進むスマートフォンに対応させることで、幅広い人が利用できるアプリとした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neo コーチ」を提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、全国の消防組織にて大規模災害時の被災状況把握に【民間初】

損保

あいおいニッセイ同和損保、防災・減災プラットフォーム「cmap」にWheeLogのバリアフリー情報を追加

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、先進気象データを活用した防災・減災サービスの共同開発を開始

協会・団体損保

損保協会、2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

生保

明治安田生命、スマートフォン向け「MYほけんアプリ」に睡眠サポート機能が登場

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスとインターリスク総研、東北大学大学院国際文化研究科で寄附講義を開講

損保

SOMPOホールディングス、感染拡大防止と地域経済活性化の両立を支援するアプリ「LightPASS」の提供開始

損保

損保ジャパン、栃木県那須郡那須町と防災協定を締結

共済

こくみん共済 coop〈全労済〉、こどもエコクラブとの共創による防災・減災プログラム「おうちで Bosai×Eco CAMP」実施

関連商品