新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、安全運転診断アプリ「SOMPO Drive」と「安全運転割引」の提供開始

損保ジャパンは、自動車保険料の割引に適用できる安全運転診断結果を算出するスマートフォンアプリ(以下「スマホアプリ」)「SOMPO Drive」を、2023年4月17日から提供開始する。また、スマホアプリのリリースに伴い、2022年3月末をもって適用を終了していた「安全運転割引」を、2023年5月1日から再開する。
なお、初めて自動車保険に加入するお客さま向けに、スマホアプリで安全運転診断を実施し、その結果を活用して保険料割引を提供しているのは、損保ジャパンのみである※。
※損保ジャパン調べ(2023年3月現在)
1.「SOMPO Drive」の概要
「SOMPO Drive」は、損保ジャパンでの保険契約の有無にかかわらず無料で利用可能なスマホアプリである。損保ジャパンが有効と判断した走行時間が通算10時間以上かつ走行日数が5日以上の条件を満たすと、スマホアプリ内に安全運転スコアが表示される。初めて自動車保険に加入するお客さまが、損保ジャパンの自動車保険を契約する場合、安全運転スコアに応じて「安全運転割引」の適用を受けられる。
2.「安全運転割引」の概要
「安全運転割引」は自動車保険を新規で契約した個人のお客さまを対象とした割引である。
ノンフリート等級が6(S)等級・7(S)等級のお客さまで、安全運転スコアが60点以上の場合、下表の割引率を適用する。対象となる商品は「THEクルマの保険(個人用自動車保険)」および「SGP(一般自動車保険)」である。
3.「安全運転割引」適用の流れ
(1)安全運転診断アプリ「SOMPO Drive」をダウンロード
(2)スマホアプリ上の利用登録画面で運転免許証番号等の必須事項を入力
(3)運転時にアプリを起動して一定期間の運転診断を実施
(4)算出された安全運転スコア・割引率を確認
(5)損保ジャパンで自動車保険契約を締結
4.今後について
損保ジャパンは、「SOMPO Drive」と「安全運転割引」の提供を通じて、お客さまにとって納得感のある保険料を実現するとともに、安全運転に対する意識を高めることで、事故の無い社会の実現を目指す。
また、損保ジャパンでの保険契約の有無にかかわらず無料で安全運転診断が利用可能なため、モビリティサービス事業者と提携し、自動車保険以外の分野における利活用を検討していく。
今後も、走行データを活用した合理的な保険設計やビッグデータを活用した商品・サービスを開発し、お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質の商品・サービスを提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

損保

損保ジャパン、第3回SOMPO『ESGセミナー』開催

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

損保

損保ジャパン、北海道の冬道に備える安全運転講習会を開催

共済生損

こくみん共済coop〈全労済〉、組合員専用サービス「マイページ」で共済契約証書の電子化を開始

関連商品