新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、商品ごとに提供しているアプリを統合した新アプリの提供開始

あいおいニッセイ同和損保は、お客さまへの新たな価値提供の一環として、商品ごとに提供しているアプリを統合し、利便性・視認性を向上させた「あいおいニッセイ同和損保アプリ」)を1月24日から提供開始する。
1.開発の背景・目的
同社はデジタル活用によりお客さまとの接点の在り方を改革し、CSV×DX※1のさらなる進展を目指した取り組みを行っている。その一環として、お客さまや代理店・扱者の皆さまの声を活かし、商品ごとに提供しているアプリを統合し、利便性・視認性を向上させることで、お客さまとのデジタル接点を強化し新たな価値提供を行う。
※1 CSV…Creating SharedValue(社会との共通価値の創造)
DX…Digital Transformation(データやデジタルを活用し、価値提供を変革させること)
2.あいおいニッセイ同和損保アプリ(以下、「新アプリ」)について
(1)新アプリの全体像
お客さまの利便性向上のため、これまで商品ごとに提供していた4つのアプリを新アプリへ統合する。新アプリの機能を充実させ、各種手続きや問合わせに利用することで、お客さま満足度の向上と代理店・扱者の業務効率化の実現を目指す。
(2)新アプリの主な機能
契約関連手続きや事故報告、各種問合わせ等について、24時間365日オンライン上でアクセスが可能となり、お客さまの利便性向上とともに代理店・扱者の業務効率化にもつながる。
また、cmapアプリやGOアプリとも連携し、天気予報・防災情報の確認やタクシー配車サービス等の便利な機能も利用できる。
【新アプリの特長】
①視認性の向上
②手続きや問合わせに関する導線を集約
③複数の契約を分かりやすく一元管理
④お役立ちコンテンツを集約
3.今後の展開について
同社は新アプリを中心に、お客さまと代理店・同社の双方向のつながりを強化し、お客さまのさらなる利便性向上や付加価値サービスを提供していく。
今後も新アプリを進化・アップデートさせ、お客さまのお困りごとに応じて役に立つ情報をタイムリーに提供すること等、お客さま一人ひとりにカスタマイズされたアドバイスやサポートを、さまざまなパートナーと連携して提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、地域住民交流と「縁結び」の場「メットライフ財団支援ホームホスピスマイレの家」オープン

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

損保

SBI損保、自動車保険の保険料支払において「青と黄色のVポイント」取り扱いを開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、気象災害に関わる課題解決を目指し降雹アラートサービスを6月から無償提供開始

生保

明治安田生命、アバターによるオンライン面談サービス開始

生保

太陽生命、生命保険業界初、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した新契約手続き(ネット申込)を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、ライドシェア事業向けの自動車保険を販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、OneBrightKOBEと、「GLION ARENA KOBE」を基点とした新たなまちづくりに向け、資本業務提携を締結

関連商品