シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、2050年カーボン・ニュートラルの実現に向けた気候変動対策を推進する新たな目標を策定

東京海上ホールディングスは、2050年カーボン・ニュートラルの実現を目指し、2030年度に向けた自社の温室効果ガス排出量の削減や、使用電力に占める再生可能エネルギー比率の向上など、気候変動対策を推進する新たな目標を策定した。
◆新たな目標について
(1)自社の事業活動に伴う温室効果ガス排出量の削減目標
2030年度までに東京海上グループが排出する温室効果ガス(CO2)を60%まで削減する。
(2)電力消費量に占める再生可能エネルギー導入率目標
2030年度までに、東京海上グループの主要拠点において使用する電力を100%再生可能エネルギーとすることを目指す。
(3)社有車について
東京海上日動において、2030年度までに保有する社有車をすべて電動車(EV・PHV・HV等)にすることを目指す。
https://www.tokiomarinehd.com/release_topics/release/l6guv3000000c9ax-att/20210528_climate_change_initiatives_j.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングスとSAPジャパンが協業開始

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2020年度取組み結果を公表

損保

SOMPOホールディングス、企業価値向上の取組みに関する体制変更と役員の異動に関する発表

損保

損保ジャパン、会員制Webサイト「SOMPOPark」がサービス開始から2周年でキャンペーンを実施

損保

エイチ・エス損保、お客さま本位の業務運営に関する方針に基づく取組状況(2020年度)を発表

損保協会・団体

損保協会、「気候変動対応方針」を策定

損保協会・団体

損保協会、「令和4年度税制改正要望」を決定

損保

三井住友海上、女性副支店長・副部長ポストの新設

生保

明治安田生命、3ヵ年プログラム「MY Mutual WayⅠ期」(2021~2023年度)を策定

生保

明治安田生命、「健全性水準に応じた経営の方針」および「ご契約者配当に関する方針」公表

関連商品