新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ソニーフィナンシャルグループ各社、名刺にソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を導入

ソニーフィナンシャルグループ、ソニー生命、ソニー損保、ソニー銀行、ソニー・ライフケア、ソニーフィナンシャルベンチャーズの各社は連名で、ソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を名刺に導入した。
サステナビリティ推進の一環として、各社およびその一部の子会社において全社員(※)の名刺素材に、ソニーが開発した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を採用し、2024年4月以降、順次切り替えていく。
(※)2024年3月末現在で約1万2,000人が対象になる。無駄な廃棄を避けるため、順次、必要に応じて切り替える。
「オリジナルブレンドマテリアル」は、ソニー製品のパッケージにおける素材循環を実現することを目的に開発された紙素材である。産地を特定した竹、さとうきびの搾りかす、リサイクルペーパーが原料で、さまざまなソニー製品の外箱、内箱で採用されているほか、ソニーグループ各社の名刺素材としても利用されるなど、その用途が拡大している。
ソニーフィナンシャルグループ(SFG)は、グループ共通の環境方針を定め、事業活動および商品・サービスのライフサイクルのあらゆる面で地球環境の保全に配慮して行動することを掲げている。環境に配慮した名刺を導入することにより、社員一人ひとりの環境への関心を一段と喚起し、お客さまや取引先とのコミュニケーションの一助とするとともに、長期的には温室効果ガス排出量の削減に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

生保

ソニー生命、2023年度決算(案)を発表

生保

ソニー生命、2024年3月末経済価値ベースのEVを開示

損保

ソニー損保、2024年3月期決算を発表

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

生保

ライフネット生命、新たな経営方針及び中期計画策定

関連商品