新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラック生命、50周年特別サイトを公開

アフラック生命は、今年11月15日に日本における創業50周年を迎えるにあたり、新たな共有価値の創造に向けたこれまでの取り組みなどを紹介する「50周年特別サイト」をオフィシャルホームページ上で公開した。
同社は、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という想いのもと、1974年に日本で初めてがん保険を提供する保険会社として創業した。以来、その創業の想いや、ブランドプロミス「『生きる』を創る。」、などに表されるコアバリュー(基本的価値観)を脈々と受け継ぎ、社会と共有できる価値を創造するCSV(Creating Shared Vale、共有価値の創造)経営を実践してきた。そして、時代や社会のニーズの変化を先取りした「日本初」や「業界初」をはじめとする多くの新たな価値を創造し続けてきた。
「50周年特別サイト」では、こうした同社のさまざまな取り組みやこれまでの挑戦の軌跡など、当時の写真なども交えて視覚的に分かりやすく紹介する。
■「50周年特別サイト」について
50年間の歩みを10年毎にまとめ、その間の主な取り組みを掲載している。
今年8月と11月にも追加コンテンツを公開する予定である。
4月23日公開:アフラックダックとめぐる挑戦の軌跡
8月公開予定:契約件数の推移や商品の変遷などデータで見る成長の軌跡 他
11月公開予定:コーポレート・ムービー 他
同社は、これからも、独白の資源と専門性を活かして同社が向き合うべき社会的課題の解決に最大限努力し、新たな共有価値を創造することで、ステークホルダーの皆様からの期待と信頼に応えていく。

https://www.aflac.co.jp/50th/

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

生保

アフラック生命、資産形成と保障のハイブリッドツミタスを発売

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

生保

日本郵政グループとアフラック、「資本関係に基づく戦略提携」における持分法適用と提携関係が発展

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

生保

ライフネット生命、新たな経営方針及び中期計画策定

生保

ライフネット生命、11月に本社移転へ

関連商品