シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、自己株式取得に係る事項の決定

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは5 月 18 日開催の取締役会において、会社法第 165 条第 3 項の規定により 読み替えて適用される同法第 156 条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議した。
1.取得に係る事項の内容
(1)取得対象株式の種類 :同社普通株式
(2)取得する株式の総数:1,000万株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.69%)
(3)株式の取得価額の総額:300億円(上限)
(4)取得期間:2018年5月21日~2018年9月14日
(参考)2018年3月31日時点の自己株式の保有状況
発行済株式総数(自己株式を除く):592,411,052株
自己株式数:880,702株
2.自己株式の取得を行う理由
同社は株主還元および資本政策の一環として、市場環境と資本の状況を見ながら、機動的かつ弾力的に自己株式取得を実施する方針としている。この方針を踏まえ、自己株式の取得を通じ、株主還元および資本効率の向上を図るものである。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、東京大学と芝浦工業大学との気候変動研究プロジェクトを開始

損保

MS&ADホールディングス、【気候変動シンポジウム】気候変動をテーマにSDGsへの次の一歩を考える”を開催

損保

あいおいニッセイ同和損保とMS&ADインターリスク総研が早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

MS&ADインシュアランスグループ ホールディングスが地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、英国生命保険クローズドブック事業持株会社ReAssure社へ出資

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、秋田県などに義援金452万円

損保

主要損保会社、平成29年度(平成30年3月期)第1四半期連結決算を発表

損保

MS&ADホールディングス、「環境 人づくり企業大賞2016」で大賞を受賞

損保

損保大手の平成29年3月期連結決算、3グループとも増益

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、洪水被害予測する新リスク評価システムを開発

関連商品