シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、【気候変動シンポジウム】気候変動をテーマにSDGsへの次の一歩を考える”を開催

MS&ADホールディングスは、今般、深刻化する環境問題において、重要な経営課題の一つである「気候変動」をテーマ としたシンポジウムを開催。地球規模での異常気象がもたらす社会への影響は甚大であり、グロー バル化が進む日本企業にとっては、各国でのビジネス活動の存続をも左右する。
同社では今年度より新しい中期経営計画「Vision 2021」を掲げ、社会的課題の解決をビジネスモデルに組み込み、社会と共に価値を創造することで持続的な成長を実現する企業の在り方を提示した。特に「気候変動」は、グループ全体として長年取り組んできたテーマの一つであり、豊富なデータと緻密な分析に基づいた多様なソリューションを提供している。
今回のシンポジウムでは、世界でも関心の高いSDGsの最新動向を踏まえ、その分野の第一人者の方々に登壇頂き、気候変動を中心とした持続可能な社会の実現について貴重な意見を頂戴する予定である。 社会的課題への新たな視座を企業経営の“次の一歩”として取り込み、リスクからビジネスチャンスに転嫁する新しい発想やヒントを得る機会となれば幸いであるとしている。
・シンポジウム「気候変動をテーマにSDGsへの次の一歩を考える」の概要
日 時:2018年5月16日(水)13:30~17:00(受付開始13:00)
場 所:イイノホール(千代田区内幸町2-1-1 4F)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、自己株式取得に係る事項の決定

損保

MS&ADホールディングス、東京大学と芝浦工業大学との気候変動研究プロジェクトを開始

生保協会・団体

生命保険文化センター、教師対象 夏季セミナー「くらしとリスク管理」を開催

共済

JA共済、JA共済連と聖心女子大学が共同で寄附講座を開設

生保

朝日生命、東京大学との社会連携講座開設による共同研究の開始

損保

あいおいニッセイ同和損保とMS&ADインターリスク総研が早稲田大学商学部に提携講座を開講

生保

プルデンシャル生命、5大学で「営業学」の寄付講座を開設

生保

大同生命、平成29年度寄付による大学でのオープン講座

生保

大同生命、平成29年度寄付による大学でのオープン講座を関西大学で開催

損保

トーア再保険が大阪で生命再保険セミナーを開催