シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が「災害への備えに関する調査」を実施

損保ジャパン日本興亜は、東日本大震災の発生から7年を迎える3月11日を前に、「災害への備えに関する調査」を実施した。
その調査結果のポイントは次のとおり。。
■調査結果のポイント
・7割以上が、東日本大震災以降、防災の意識が高まった。(昨年に比べて減少)
・4割の家庭は、地震や津波への備えをしていない。(地域間で差が生じている)
・7割が、ご自宅周辺の災害リスクを確認していない。
・半数以上が、災害時の家族との集合・避難場所を決めていない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、世界初の接木技術を持つアグリテックベンチャーと連携

損保

損保ジャパン日本興亜、広島県尾道市との『災害対応と防災活動に関する協定』を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、鹿児島県との『地方創生に係る包括連携協定』の締結

損保

損保ジャパン日本興亜、足利市との『防災力向上のための協力に関する協定』の締結

損保

損保ジャパン日本興亜、「LINEほけん」で自転車保険の意識調査を実施

損保

損保ジャパン日本興亜、チャットボットによる双方向・リアルタイムな事故対応サービスの開始

損保

SOMPOホールディングス、農作物卸・中間事業者向け「安定調達・安定出荷」支援サービス・保険を共同開発

損保

LINE FinancialとMysurance、損保ジャパン日本興亜とLINE Financialが共同開発した「贈るほけん 地震のおまもり」の契約件数に応じ災害復興支援特別基金への寄付を実施

損保

損保ジャパン日本興亜、千葉県への寄付の実施

損保

SOMPOホールディングスおよび損保ジャパン日本興亜、組織変更・人事異動を発表