シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が「災害への備えに関する調査」を実施

損保ジャパン日本興亜は、東日本大震災の発生から7年を迎える3月11日を前に、「災害への備えに関する調査」を実施した。
その調査結果のポイントは次のとおり。。
■調査結果のポイント
・7割以上が、東日本大震災以降、防災の意識が高まった。(昨年に比べて減少)
・4割の家庭は、地震や津波への備えをしていない。(地域間で差が生じている)
・7割が、ご自宅周辺の災害リスクを確認していない。
・半数以上が、災害時の家族との集合・避難場所を決めていない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、自動車走行データ解析に関するAI技術を開発

損保

損保ジャパン日本興亜、自動運転タクシーの社会実装に向け協業

損保

損保ジャパン日本興亜、AIを活用したナレッジ検索システムの提供

損保

損保ジャパン日本興亜、自動車事故のAI自動修理見積サービス開始

損保

損保ジャパン日本興亜、JICAと中小企業・SDGsビジネス支援事業に関する連携覚書を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、代理店元募集人による金銭の不正受領について公表

損保ジャパン日本興亜、「ながぎん自転車のお守り」の販売開始

損保

損保ジャパン日本興亜、全国中小企業団体中央会と連携協定を締結

生損

損保ジャパン日本興亜・SOMPOひまわり生命、「令和元年台風19号」による被災地へ支援

損保

損保ジャパン日本興亜、Windと包括連携協定締結