新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命など生保各社、「お客さま本位の業務運営」に関する2022年度取り組み結果を公表

■第一生命グループ
第一生命グループは、「一生涯のパートナー」をグループミッションとして掲げ、「お客さま満足」等の原則を掲げた企業行動原則のもと、経営品質の絶えざる向上に取り組んでいる。
また、お客さま一人ひとりの「幸せ」を想い、その人生に寄り添う最良のパートナーとして選ばれ続けるため、私たちが考える「お客さま第一」を本方針に掲げ、グループ内に共有・浸透を図り、「お客さま第一の業務運営」を推進している。
同社は、お客さまから更に支持をされる保険会社として進化し続けることを目的に、「お客さま第一の業務運営」にかかる具体的な取組み状況を「見える化」し、また、お客さまからの評価等を真摯に受けとめ、業務の品質向上やその取組みのスピードを加速させるとともに、その状況を積極的に公表している。
「取組み状況」の公表にあたって
⚫ 取組み状況は、「取組みの実践状況」、取組みの実践の結果としての「お客さまからの評価」、最終的な「事業の成果」に区分している。
⚫ 各視点に基づく取組みについては、改善活動の定性的な取組みに加え、各取組みの進捗を定量的に計る指標(KPI)を設定しており、その実績を公表している。
⚫ 合わせて、各取組み状況が「お客さま第一の業務運営方針」(以下、方針)の、どの方針に基づく取組みであるのか、それぞれ表示している。また、各方針と金融庁『顧客本位の業務運営に関する原則』 (以下、原則)の対応関係については、同社HPに対応表を掲載している。
・第一生命
https://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2023_015.pdf
・第一フロンティア生命
https://www.d-frontier-life.co.jp/corporate/release/pdf/2023_0002.pdf
・ネオファースト生命
https://info.neofirst.co.jp/news/assets/2306290001.pdf?_gl=1*qaw2lx*_ga*NzMwMzE0NjUuMTU4NjQ0NTAzNg..*_ga_S358Z8SP5V*MTY4ODA0Nzc0MS40LjAuMTY4ODA0Nzc0MS4wLjAuMA..
■T&D保険グループ
T&D保険グループの大同生命、T&Dフィナンシャル生命、T&Dアセットマネジメント株式会社、ペット&ファミリー損保は、「お客さま本位の業務運営」に関して、2022年度取組結果を公表した。
2022 年度取組結果
◇ 太陽生命
https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/activity/customer_first.html
◇ 大同生命
https://www.daido-life.co.jp/company/satisfied/policy.html
◇ T&Dフィナンシャル生命
https://www.tdf-life.co.jp/company/customer_houshin.html
◇ T&Dアセットマネジメント
https://www.tdasset.co.jp/company/principles/fiduciary/
◇ ペット&ファミリー損害保険
https://www.petfamilyins.co.jp/customer_oriented/initiative_policy/
■アフラック生命
同社は、お客様本位の業務運営をより一層推進するため、2017年6月に「お客様本位の業務運営に係る方針」及び「お客様本位の業務運営に係る取り組み内容」を策定するとともに、その取り組み結果を年次で公表している。今般、本方針に基づく2022年の取り組み結果をまとめた。
主な取り組み結果は以下のとおりである。
・経済的な負担をカバーする保障に加えて精神的な不安や治療・生活にかかわる悩み等もトータルにサポートする<「生きる」を創るがん保険WINGS>を発売
・デジタル技術の進展等によるお客様を取り巻く環境やお客様ニーズの変化に応えるため、電子申込システムの機能を拡充
・がん患者とその家族の多種多様な悩みや不安等の解消を支援する「アフラックのよりそうがん相談サポート」を開発(提供開始は2023年1月)
・契約状況に応じた最適な保障の案内を「ご契約者様専用サイト『アフラックよりそうネット』」上でわかりやすく表示
・リアルとデジタルを融合した体験をお客様へ提供できるようにDXを推進し、クラウド型デジタルサービスプラットフォームである「ADaaS/AflacDigitalasaService」を構築
■SOMPOひまわり生命
同社は、お客さまの万が一の備えに加え、毎日の健康を応援する「健康応援企業」の確立をビジョンに掲げ、保険本来の機能(Insurance)に健康をサポートする機能(Healthcare)を加えた「Insurhealth(R)(インシュアヘルス)」を、新たな価値として提供している。
今般、本方針に基づき、2022年度の取組状況をまとめたうえで、同社オフィシャルホームページに公表した。
本方針に基づく主な取組み
①お客さまの声を活かす取組みとして、「電話による解約手続き(コール解約)の開始」や「SMS送信によるインターネット請求(給付金請求)の受付開始」など、合計417件の改善取組みを実施。
②「健康をサポートするがん保険勇気のお守り」で導入している「禁煙☆チャレンジ!制度」では、請求件数502件、成功件数446件に到達。
③2022年9月に有償ヘルスケアサービス「リンククロスライフイズ」を発売。企業における従業員の健康課題解決のニーズが高まっている背景から、企業で働く従業員の健康増進やエンゲージメント向上、健康的に働き続けられる環境づくりに寄与することを目的に推進。
④2023年5月に「健康をサポートする変額保険将来のお守り」を発売。健康状態に応じて「健康ステージ」を適用することで「健康積立金」を加算する仕組みや、健康状態の改善で積立金が増える「健康☆チャレンジ!制度」を導入。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、2023年度決算を発表

生保

生保各社、2023年度決算を発表

生保

生保各社、2023年度決算を発表

生保

生保各社、「令和6年能登半島地震」の被災者に対する特別取扱いを発表

生保

生保各社、2023年度第2四半期(上半期)決算を発表

生保

生保各社、2023年度第2四半期(上半期)業績概要を発表

生保

生保各社、2023年度第2四半期(上半期)決算を発表

生保

生保各社、2023年度第2四半期(上半期)業績を発表

生保

生保各社、2023年度第2四半期(上半期)業績を発表

関連商品