シンニチ保険WEB

8499
~大切な人の心を理解しましょう~

きらめき認知症ハンドブック(2冊セット)

株式会社きらめき介護塾代表取締役 渡辺哲弘著

認知症で行方不明になっている高齢者が日本全国で1万人にものぼるという驚きのニュースが大きな反響を呼んでいます。厚生労働省によれば2012年時点で全国に462万人の認知症の高齢者がいると推定されていますが、これ以外にも軽度認知症と呼ばれる予備軍が約400万人いるということです。あわせると860万人ですから、日本全国で見ると、約15人に1人が認知症およびその疑いがあるということになります。皆さんの隣近所にもごく普通に認知症の方がおられるわけです。これだけ認知症の高齢者がいるにもかかわらず、残念なことに認知症に対する一般の知識、情報はまだまだ薄いものがあります。認知症はもう特別なものではありません。高齢化に伴いだれもがごく普通に発症する可能性のあるものです。家族はもちろんですが、地域社会全体で認知症に関心を持っておいてほしいものです。この小冊子は広く介護業界で使われているもので、認知症に関する入門テキストととして高い評価を獲得しています。わずか30分で読みきれるなかに、認知症に関して知っておきたい情報を網羅しています。介護保障が保険業界のこれからの主要マーケットになるなか、ぜひともご活用をお勧めします。

ISBN 978-4-905451-42-6

商品番号:8499

A5判/14ページ(オールカラー)

2014年10月発売

定価704

【主な内容】
大脳の働き/認知症って?/記憶の仕組み/記憶障害(初期)/中核症状(認知機能障害)/行動・心理症状(BPSD)/記憶障害(中期以降)/行動・心理症状(BPSD)の理解

【内容見本】PDF(8499)

著者プロフィール

認知症介護指導者・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員。介護職員・相談員・介護支援専門員・管理者として17年間、介護現場で勤務。2012年独立、2013年6月に株式会社きらめき介護塾代表取締役就任。現在は研修講師として全国で活動中。

 

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「介護付有料老人ホーム入居者紹介制度」対象施設を拡充

損保

あいおいニッセイ同和損保が「働くエール(所得補償保険)」女性専用募集ツールを開発

生保協会・団体

生命保険文化センター、「e-ライフプランニング」を最新化