シンニチ保険WEB

AIG損保、個人火災保険のDX化を促進賃貸物件のオンライン契約を拡大

AIG損保は、保険契約のDX化促進に向け、新たに日本情報クリエイト社と提携し、賃貸物件総合管理システムと連動した保険のオンライン契約を2月22日からスタートする。
不動産の賃貸契約と賃貸住宅向け個人火災保険の申込みについては、それぞれ個別の対応がいまだ主流となる中、AIG損保は、お客さまの利便性や昨今の非対面ニーズの高まりなどを踏まえ、2020年9月からデジタルプラットフォームへ賃貸契約に必要な情報を入力するだけで入居申込みから保険契約まで一気通貫で対応できるDX化を推進してきた。デジタル改革関連法に基づく宅地建物取引業法の改正により2022年5月からは賃貸物件の電子契約が開始されることも踏まえ、さらにこの流れを加速し、お客さまにとって煩雑になりがちな賃貸に関する事務手続きの負荷を軽減するとともに、万一への備えを支援していく。
AIG損保は、今後もグローバルで蓄積された様々な知識やノウハウを活用したAIGならではの先進性を活かし、お客さまにとってより価値のある新商品・サービスの実現を進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

AIG損保、中小企業強靭化プロジェクトを強化

損保

AIG損保、事業継続に関する表彰「BCAOアワード2021」で大賞を受賞

損保

AIG損保、「第15回いじめ防止標語コンテスト」文部科学大臣賞を選出

損保

AIG損保、法人向け自動車保険契約者の道路交通法改正への対応をお手頃価格でサポート運転管理記録システムの紹介サービスを開始

損保

AIG損保、ドライブコンテストを開催~アプリを通じて運転傾向を可視化

損保

AIG損保、IoT活用による早期漏水発見のための実証実験を開始

損保

AIG損保、日本委員会にワクチンに換算すると約38,000人分を寄付

損保

東京海上ホールディングス、デジタルR&D機能の強化によるグループDXを推進

生保

三井住友海上プライマリー生命、「マネジメントのためのオンラインコミュニケーション」を開発

生保

マニュライフ生命、オンライン面談「らくらく申込」を導入

関連商品