新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

AIG損保、AIG損保協賛「第16回いじめ防止標語コンテスト」文部科学大臣賞を選出

AIG損保が協賛する『第16回いじめ防止標語コンテスト』の入賞作品が発表された。
今回のコンテストには全国の小中学校2,358校から434,528作品の応募が寄せられ、選考委員による選考の結果、小中学生それぞれの部から文部科学大臣賞2作品、全国賞34作品が選出された。これらの作品は学校関係者に配布されるポスターに掲載される。
本コンテストは、児童・生徒一人一人が、いじめについて考える機会を創出し、いじめの防止を図ることにより、児童・生徒および関係者が夢や希望をもって、笑顔があふれる学校作りを進めることへの貢献を目的としている。主催者の「いじめ防止標語コンテスト実行委員会」と共に全国の複数のPTA団体が共催で実施し、文部科学省後援のもと、毎年「いじめ防止」をテーマにした標語を全国の小中学生から募り、入賞作品を発表している。
児童心理や児童教育に関わる方々による予備選考を経て、審査員(審査委員長:東京成徳大学大学院教授、一般社団法人学校心理士認定運営機構理事長 石隈利紀氏、審査委員:漫画家代表作「Dr.コト―診療所」山田貴敏氏 他3名)により選出された。
AIG損保では、リスクを未然に防ぐ支援を実施するための事業戦略コンセプト「ACTIVE CARE」に基づき、社会貢献活動の一環として、昨今の学校教育の重要課題である「いじめ防止」について支援していく。
【文部科学大臣賞 受賞作品】
小学生の部
佐賀県 鳥栖市立 基里小学校2年生
『いじわるごころが出てきたら ちょっとまてよ、を十回言うよ。』
中学生の部
福岡県 北九州市立 門司中学校2年生
『考えよう その言葉 一生残るデジタルタトゥー』

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】道南うみ街信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

協会・団体損保

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第34期寄付金を贈呈

損保

アニコム損保、アニコムグループの保護動物シェルター「ani TERRACE」で「老犬ホーム」の運営を開始

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

損保

損保ジャパン、品川グループ・富山県「立山の自然を守る活動~立山弥陀ヶ原周辺外来植物除去活動~」を実施

損保

大同火災、沖縄県交通遺児育成会へ寄付

関連商品