シンニチ保険WEB

日本生命、ニッセイインターネットアンケート「勤労感謝の日・仕事」を実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「勤労感謝の日・仕事」に関するアンケート調査を実施した。
◆アンケート結果のポイント
【仕事・働き方について】
・昨年と比較して時間外労働時間が「減った」と回答した人は全体で28.6%となった。また、「増えた」と回答した人は全体で11.4%となり、年代が若いほどその割合が高い傾向にあった。
・業種別では、「増えた」と回答した人は「サービス業」が32.4%と最も多く、次いで「教育・医療・福祉業」が31.9%となった。一方、「減った」と回答した人は「情報通信業」が34.3%となり、最も多かった。
・コロナ禍で月の給料が「減った」と回答した人は、全体の23.4%となり、平均減少額は一人当たり約9.8万円となった。
・業種別では、「情報通信業」の平均減少額が約11.9万円となり、最も多かった。
【飲みニケーションについて】
・職場で飲みニケーションが「必要」「どちらかといえば必要」と回答した人は、全体で54.3%となり、昨年から3pt減少した。
・特にテレワークをしている人は、飲みニケーションが「必要」「どちらかといえば必要」と回答した割合が、全体よりも高い65.7%となった。
・飲みニケーションが「必要」と回答した理由として、「本音を聞ける・距離を縮められる」と回答した人は、全体の69.0%となり、最も多かった。
【副業について】
・副業を「している」「していた」「興味はある」と回答した人は、全体の46.5%となった。
・コロナ禍で、副業への考えに変化があった人は15.7%となった。
・年代別では、年代が若いほど「開始した」「検討し始めた」「興味が湧いた」と回答した人が多かった。
・年代が若い、年収区分が高いほどオンライン飲み会を「した」割合が高い傾向にあった。
詳細:https://www.nissay.co.jp/news/2020/pdf/20201113.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、同社に関する一部報道について発表

生保

日本生命、新型コロナウイルス感染症対策でクラウドファンディングに2,000万円寄付

生保

日本生命、株式会社MICIN(マイシン)と業務提携

生保

日本生命、2021年プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」への協賛

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

日本生命、「日本生命手話通訳リレーサービス」の提供を開始

生保

ライフネット生命、2021年 オリコン顧客満足度調査「医療保険ランキング」で総合第1位を獲得

損保

損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、自動車事故における自動事故判定に関するAI技術を開発

損保

セゾン自動車火災、「おとなの“損得論” 意識と実態」調査結果を発表

生保

日本生命、MLCLimitedの追加増資等を決定

関連商品