新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

日本生命は、ミッドナイトブレックファスト株式会社の関連会社の運営のもと、東京23区において一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を開始した。
「ちょこいく」は、子育て世帯と一時保育を提供可能な保育所をマッチングするサービスであり、同社の社内起業プロジェクト※にて選出されたものである。2022年2月から、世田谷区・大田区・目黒区・渋谷区で実証実験を行っており、利用したお客様から高く評価され、また、今後の一時保育市場の拡大も見込まれることから、この度、正式に事業化することとした。
※新規事業創出に向けた取り組みの1つとして、同社職員がアイデアの創出から事業化までを行うプロジェクト。「ちょこいく」は、第1回プロジェクト(2020年度)で応募総数423件の中から選出。
今後は、ユーザーのニーズを踏まえた顧客体験の創出や事業開発に強みを持つミッドナイトブレックファスト社の関連会社であるMBオペレーションズ株式会社が事業運営を行い東京23区全域でサービスを展開する。また、「ちょこいく」の発案者である同社職員が引き続き運営に携わるなど、同社としても全面的に当該事業をサポートしていく。
同社はこれまで、人生100年にわたる安心・安全の提供、希望に満ちた未来世代の育成、活力あふれる地域社会の創出等を行うべく、子育て支援・ヘルスケア・シニア事業を通じ、保険だけではカバーできないお客様のニーズやリスクに対応してきた。今後も、新規事業創出の取り組み等を通じ、お客様に提供する安心を拡大し、あらゆる世代が安心して暮らせる社会を実現していく。
<「ちょこいく」について>
・ワンオペ育児や産後うつ等になりがちな子育て世帯と、一時保育を提供可能な保育所をマッチングするサービスである。チャットを通じて簡単・便利に一時保育の予約ができるだけではなく、担当オペレーターが利用前後のフォローまで一貫してサポートする。
・名称には、「“ちょこっと”頼ることで“いく児”がもっと楽しくなる」社会を創りたいとの想いを込めている。
・同サービスを通じて、子どもを預けることの後ろめたさを解消し、子育てが楽しい社会の実現を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

損保共済

こくみん共済coop〈全労済〉、日本環境協会「こどもエコクラブ」との共創による、防災・減災プログラム「みんなでBosai×EcoCAMP」の表彰式・防災体験学習を開催

損保

アニコムホールディングス、『台湾東部沖地震におけるペット救援募金』を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】新潟信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

関連商品