シンニチ保険WEB

三井住友海上、アドバンスクラブとドコモ「防災及び災害対処活動に関する相互協力協定」を締結

アドバンスクラブ※1、三井住友海上、およびNTTドコモは、「防災及び
災害対処活動に関する相互協力協定」(以下、「本協定」)を締結した。
アドバンスクラブは三井住友海上がサポートする自動車整備業代理店組織で、全国の2,000か所を超える自動車整備工場が会員として所属している。 本協定に基づき三者は、アドバンスクラブ会員が保有するカーバッテリーを活用し、万が一の災害時にスマートフォンや携帯電話を充電できる体制を整備することで、地域住民の皆さまへの安心と安全の提供をめざす。
<相互協力の主な内容>
災害発生時に、全国各地のアドバンスクラブ会員の各店舗※2にあるカーバッテリーを活用しスマートフォンや携帯電話の充電が行える災害時充電サービスを提供する。インバーターを経由してドコモが提供する災害対応充電
器「マルチチャージャ※3」に接続することで、一度に10台の充電が可能となる。
大規模な災害発生時においては、スマートフォンや携帯電話は情報収集や情報伝達の生命線となるため、災害時の電源確保は地域継続計画(DCP)※4における重要課題の一つになっている。三者は、地域の防災に向けた取り組みへの貢献を目的として、それぞれの資源や強みを活かし、地域の防災に資する取り組みを推進することとした。
※1 アドバンスクラブは、三井住友海上がサポートする業界トップレベルの自動車整備業代理店組織である。会員企業の経営の安定と健全な発展をめざすとともに、お客さまの豊かなカーライフの創造と社会の発展に貢献し、会員相互の啓発および親睦を図ることを目的としている。
※2 災害時充電サービスの開設場所については、アドバンスクラブホームページなどで案内予定。
※3 マルチチャージャはドコモ以外の他キャリアを含めて全機種の充電が可能。
※4 地域継続計画(DCP:District Continuity Plan)とは、被災時に優先して復旧するべき箇所や、あらかじめハード対策を講じておくべき箇所を事前に地域で合意形成のうえ決定し、発災直後から各組織が戦略的に行動できる指針となるよう定めておく計画である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

生保損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、行動経済学を応用した標的型メール訓練サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、保険料スマホ決済サービスに「PayPay」と「クレジットカード」を新たに導入

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染の拡大・拡散防止に向けた支援としてマスク10万枚を寄付

損保

三井住友海上、地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として大臣表彰を受賞

損保

MS&ADインシュアランスグループ、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「テレワーク総合補償プラン」の販売開始

生保

第一生命グループ3社、新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関および医療従事者の方々への支援の実施

損保

損保ジャパン、「SOMPOパラリンアートカップ2020」にトップスポンサーとして参画