新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、大地震発生時に自治体向けサービスの無償提供を開始

三井住友海上は、大規模な地震被害を受けた地域の早期復興を支援するため、損傷した道路の画像データや住宅の被害規模を推定した可視化画像データの無償提供を開始する。第一弾として、4月17日に発生した豊後水道を震源とする地震で被害を受けられた自治体へサービスを提供する。
同社は、今後さらなる大規模地震が発生した場合にも、発生後速やかにサービスを無償提供できる体制を構築することで、地震被災地域の早期復興を支援していく。
1.無償提供するサービス
(1)ドラレコ・ロードマネージャー※1
同社の通信機能付きドライブレコーダーが収集した映像データを分析し、道路の損傷個所を自動的に検出するサービスである。本サービスを活用することで、被災地域の道路損傷状況が効率的に把握でき、道路の早期復旧につながる。
※1:同社が各地域企業に提供するドライブレコーダーの映像データと、東京大学発のスタートアップであるアーバンエックステクノロジーズ社のAI画像分析技術を組み合わせることにより、道路損傷箇所を自動的に検出し、自治体等における道路点検・管理業務を支援するサービスである。
(2)防災ダッシュボード※2
災害リスクの事前予測、発災後の被害推定等を可視化することで地域の防災・減災を支援するサービスである。本サービスを活用することで、発災後の被害推定情報を可視化でき、被害状況の早期把握や住家被害認定調査の速やかな実施につながる。
※2:災害リスクのリアルタイム可視化・事前予測、発災後の被害推定などを分かりやすくダッシュボード上に表示し、地域の防災・減災を支援するサービスである。愛媛県では、デジタル田園都市国家構想推進交付金事業として2022年度から「都市リスク可視化(防災・交通)業務」を支援するサービスとして提供している。
2.対象地域、提供方法等
対象地域 震度5強以上の地震を観測した地域(自治体)
提供内容
(1)ドラレコ・ロードマネージャー
・期間を限定して提供する。
(2)防災ダッシュボード
・一部機能に限定して提供する。
提供方法 詳細は同社・営業担当者から希望する自治体へ案内する

 

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

生保協会・団体

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

損保

三井住友海上、「2024グランドスラム・アスタナ」で舟久保遥香選手が3位入賞

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保協会・団体

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

損保

三井住友海上、「第108回日本陸上競技選手権大会・10000m」 兼友 良夏選手が3位入賞

損保共済

JA共済連、令和6年能登半島地震での建物更生共済の支払件数85,505件、支払共済金1,036.8億円に

損保

SOMPO福祉財団、「住民参加型福祉活動資金助成(東日本地区)」を募集

協会・団体損保

SOMPO福祉財団、「自動車購入費助成(西日本地区)」を募集

関連商品