新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、地域住民交流と「縁結び」の場「メットライフ財団支援ホームホスピスマイレの家」オープン

メットライフ生命と日本財団が支援する、高齢者向けホームホスピスが、福岡県糸島市にオープンした。
【概要】
■施設名称:「メットライフ財団支援ホームホスピスマイレの家」
■運営母体:NPO法人マイレ
■住所:福岡県糸島市有田中央一丁目6番27号
■施設特長:
1.マイレは、ハワイで「神が宿る神聖な葉」と言われる植物で、「平和」「結びつき」「絆」といった意味を持つことから、「マイレの家」には“縁結びの家”という想いが込められている
2.その人らしさに寄り添い、その人のリズムで生活をしてもらうことを一番に考えたケア
3.「みんなが集う団らんスペース」として、各部屋の真ん中にリビング・ダイニング・キッチンを配置
4.最大6名を受け入れ、夫婦での入居が可能な部屋あり
5.「椅子に座ったまま」、全身にお湯を浴びられる温浴シャワーを完備したお風呂
6.隣接する福岡市にはホームホスピスが無く、唐津市も含め市外からも積極的に受け入れ
■実施中の地域住民と交流を図る取組:
・糸島市認知症カフェ事業助成金交付事業による、体操やマッサージ、おしゃべりなどの機会を提供する
「認知症カフェ(マイレカフェ)」の設置
・地域住民が立ち寄り健康や介護など生活の困りごとを共に考える「暮らしの保健室」
・ホームホスピスや在宅医療などを学ぶ「みんなの勉強会」
<みんなが集う団らんスペース><座浴可能な温浴シャワーを備えた浴室>
■設立への想い:
「マイレの家」は、「マイレ」という言葉の意味通り、出会ったご縁を大切に、隣人として皆様の想いに寄り添うケアを提供していきたいとの思いから設立された。病気・認知症・障がいがあっても、赤ちゃんからお年寄りまで、みんながお互いを尊重し、自分のできることをして支え合う…そんな地域づくりを目指す。
「マイレの家」は、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」により設置された高齢者施設の第5号となる。同プログラムは、人生の最期を豊かに暮らすための高齢者施設と、困難な状況にある子どものための施設「子ども第三の居場所」の開設を通して、豊かな地域社会の創造に寄与するものである。
また、メットライフ生命の社員は、日本財団が展開する全国の高齢者および子ども向け施設におけるボランティア活動を通じて、豊かな地域社会づくりに貢献していく。超高齢社会と子どもの課題に取り組むことで、誰一人取り残さない持続可能な社会の構築を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

生保協会・団体

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

生保

メットライフ生命、51周年もブランド広告を大規模に展開

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

関連商品