シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況に関する発表

MS&ADホールディングスは、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく自己株式取得について、下記のとおり実施した。
1.取得した株式の種類:当社普通株式
2.取得した株式の総数:2,940,600株
3.株式の取得価額の総額:10,025,477,300円
4.取得期間:2018年7月2日~2018年7月31日
5.取得方法:東京証券取引所における市場買付
(参考)
1.2018年5月18日開催の取締役会における決議内容
(1)取得対象株式の種類:当社普通株式
(2)取得する株式の総数:1,000万株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.69%)
(3)株式の取得価額の総額:300億円(上限)
(4)取得期間:2018年5月21日~2018年9月14日
2.上記取締役会決議に基づき取得した自己株式の累計
(1)取得した株式の総数:5,786,800株
(2)株式の取得価額の総額:20,006,204,000円

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが第2回「世界の優れたシード投資家第10位(Seed100)」に選出

損保

MS&ADホールディングス、令和3年度「なでしこ銘柄」に選定

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、先進気象データを活用した防災・減災サービスの共同開発を開始

損保

MS&ADホールディングス、CVC「GCVパワーリスト賞2021」のトップ100に選出

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

MS&ADホールディングス、「サステナビリティを考慮した事業活動」について発表

損保

MS&ADホールディングス、CVC「GCVパワーリスト賞2020」のトップ100に選出

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

損保

MS&ADホールディングス、オンライン型研修プログラム「MS&ADデジタルカレッジfrom京都」を開設

関連商品