シンニチ保険WEB

チューリッヒ保険、全国のドライバーに「2021年あおり運転実態調査」を実施

チューリッヒ保険は、今年で4年目となる、全国のドライバー2,230人を対象とした「あおり運転実態調査」を実施した。
近年あおり運転の事故、事件に関する報道が増え、昨年には厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が成立したが、依然としてドライバーの半数があおり運転をされたことがあると回答している。また、7割強のドライバーがあおり運転に遭わないよう意識して運転しており、安全運転、あおり運転防止への関心の高さがうかがえる。さらに、ドライブレコーダーの普及によりあおり運転の防止を期待するドライバーも多く、現状ではドライブレコーダーを利用していない人の利用意向も高いことが分かった。
本調査では、専門家の見解も交え、あおり運転の実態と、あおり運転に遭わないための工夫やあおり運転に遭ってしまった場合の対処法などを公開する。同社は今後もドライバーが安全にカーライフを楽しめるよう情報発信を続けていく。
【調査結果要約】
1. あおり運転をされた経験があるドライバーは5割。あおり運転を受けないよう、以前よりも意識して運転しているドライバーは7割強。
2. 2020年6月末施行のあおり運転の厳罰化により、「危険運転が減少すると思う」ドライバーは64.7%。減少しない理由として、「危険な運転をする人の心理や行動は変わらないと思う」が昨年から引き続き最多に。
3. 約半数がドライブレコーダーを利用。利用していないドライバーの約7割が「購入したいがコストがかかるため」と回答し、ドライブレコーダーの利用意向は高い。
4. あおり運転被害、「車体を接近させる挑発行為」が昨年に引き続き1位。被害を受けた際は「やり過ごす」対応をとったドライバーが多い傾向に。
5. あおり運転をされたきっかけの第1位は「追い越しをした」。「スピードが遅かった」、「車線変更をした」と続き、昨年 1 位の「制限速度で走っていた」は5位へ。
6. 被害にあわないための工夫、上位は昨年に引き続き「周りを気遣い、刺激しない」運転。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、「認知症に関する意識調査」を実施

生保

メットライフ生命、「老後を変える」全国47都道府県大調査2021を実施

生保

エヌエヌ生命、第7回新型コロナウイルスによる中小企業の資金需要に関する調査を実施

損保

チューリッヒ保険、日本遺品整理士連合会と提携しシニア傷害保険の加入者向けに「生前整理/遺品整理業者紹介・割引サービス」を開始

生保

住友生命がVitality加入者へアンケート調査、適度な運動の継続によって健康診断結果が改善

生保

太陽生命少子高齢社会研究所と東京都健康長寿医療センターのコロナ禍における屋外歩行行動の変化についての共同研究成果が「Gait & Posture」誌に掲載

生保

チューリッヒ生命、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン調達・供給プログラム「COVAXファシリティ」に賛同

損保

ソニー損保、戸建派VSマンション派の火災保険実態調査

生保

ライフネット生命、2021年 オリコン顧客満足度調査「医療保険ランキング」で総合第1位を獲得

損保

損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、自動車事故における自動事故判定に関するAI技術を開発

関連商品