シンニチ保険WEB

AIG損保、業界初、環境汚染賠償責任保険に「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を新設

AIG損保は、『環境汚染賠償責任保険』において、洪水や高潮による被害を受けた施設から生じた環境汚染を起因とする第三者の身体障害や財物損壊や汚染浄化費用を補償する「洪水・高潮による環境汚染補償特約」を業界に先駆けて7月1日から発売する。
『環境汚染賠償責任保険』では、これまで、各企業の施設から生じた水質汚濁や土壌汚染などの環境汚染に起因する第三者の損害や汚染浄化費用等を補償してきた。しかし、洪水や高潮による被害を受けた施設から生じた環境汚染は、補償対象外となっていた。その一方で、昨今、台風や大雨などが頻発し、洪水や高潮によって施設から汚染物質などが流出するリスクが高まっている。そのようなリスクによる第三者の身体障害や財物損壊や、汚染浄化費用等についての補償に対するニーズの高まりを受け、今回、「洪水・高潮による環境汚染補償特約」*1を新設した。
【特約の概要】
洪水や高潮による被害を受けた、工場などの施設から生じた環境汚染に起因する第三者の身体障害や財物損壊について、被保険者が損害賠償責任を負う場合に、保険金を支払う。また、被保険者が負担した汚染浄化費用に対しても保険金を支払う。
損害賠償金、汚染浄化費用*2などの各種費用*3を合算し1事故あたり/保険期間中2,500万円まで支払う*4。(1事故あたり免責金額(自己負担額)は250万円となる。)
AIG損保は、1992年に環境汚染賠償責任保険を日本で初めて発売した。同保険のパイオニアとして、今後も、お客さまの目線に立ったシンプルで分かりやすい商品・サービスを提供するという事業戦略コンセプト「ACTIVECARE」に基づき、お客さまが直面する問題の解決を支援できるような商品・サービスを提供していく。
*1 2020年7月1日から環境汚染賠償責任保険に付帯可能となる。保険適用地域:日本
*2 行政からの命令の有無を問わない。
*3 争訟費用、損害拡大防止軽減費用、求償権保全費用
*4 本特約の保険金は、保険証券総保険金額の内枠払いとなる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

AIG損保、24時間365日対応可能な「デジタル保険金請求」の対象商品を7月30日より拡大

損保

AIG損保、ビデオ通話を使った損害確認を開始

損保

AIG損保、労災上乗せ保険「ハイパー任意労災」に新特約「所得補償保険金支払特約」を追加

生保損保

大同生命とAIG損保、法人会および納税協会の会員企業を対象に新型コロナウイルスに関する電話健康相談サービスの提供開始

損保

AIG損保、保護者向け新型コロナウイルスに関する電話相談サービスの提供開始

損保

AIG損保、2020年3月期第3四半期業績の概要を発表

損保

AIG損保、業界初、電子マネー決済対応の海外旅行保険専用新型自動販売機(専用端末)を導入

損保

AIG損保、国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」を取得

損保

AIG損保、業界初 損害確認のための立会い予約システムを導入

損保

AIG損保、法人の自動車保険契約向けにスマートフォンと連動したドライブレコーダー「スーパードライブガード アイ(SDG Eye)」提供開始