シンニチ保険WEB

三井住友海上、ミャンマーの民間損害保険会社KBZMSGeneralInsurance社の最終認可を取得

三井住友海上は、ミャンマーの大手民間損害保険会社であるKBZMSGeneralInsurance社(※)への10%出資について現地当局からの最終認可に必要な条件を充足し、2019年11月28日付けで認可を取得した。
(※)IKBZInsurance社から社名変更した。
1.最終認可の概要
名称      KBZMSGeneralInsuranceCompanyLimited
事業内容    損害保険事業
主な取扱商品  火災保険、自動車保険、旅行保険、外航貨物海上保険など
同社出資比率  10%
認可取得日   2019年11月28日
2.今後について
・同社は出資に加え、取締役および駐在員を派遣し、ミャンマーへ進出する日系企業の人々に安定的かつ高品質な商品・サービスを提供するとともに、アジア地域の基盤を一層強化し、海外事業の持続的発展を目指す。
・同社出資比率については、今後の現地当局の承認を前提に、外資規制の上限である35%までの引き上げを目指すことを、KBZMSGeneralInsurance社と合意している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、マンション管理業協会と連携協定を締結

損保

三井住友海上、IT協会主催「2020年度(第21期)カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞(IT活用賞)」を受賞

損保

日本地震再保険、ディスクロージャー誌「日本地震再保険の現状2020」を発行

損保

損保ジャパン、「お客さまの声白書2020」を発行

損保

トーア再保険、有価証券報告書の訂正報告書「第81期(2019年4月1日~2020年3月31日)」を公表

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、かんぽ生命保険商品の募集に係る問題における人事処分を決定

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、グループ社員による持続化給付金の申請・受給に係る対応状況等を公表

損保

三井住友海上、保険データとAIを活用した個人向けローン審査モデルを開発

損保

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保、AIによる自動車修理見積りチェックシステムの導入

損保

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保、「医療機関総合補償プラン」の販売開始