シンニチ保険WEB

三井住友海上、ミャンマーの民間損害保険会社KBZMSGeneralInsurance社の最終認可を取得

三井住友海上は、ミャンマーの大手民間損害保険会社であるKBZMSGeneralInsurance社(※)への10%出資について現地当局からの最終認可に必要な条件を充足し、2019年11月28日付けで認可を取得した。
(※)IKBZInsurance社から社名変更した。
1.最終認可の概要
名称      KBZMSGeneralInsuranceCompanyLimited
事業内容    損害保険事業
主な取扱商品  火災保険、自動車保険、旅行保険、外航貨物海上保険など
同社出資比率  10%
認可取得日   2019年11月28日
2.今後について
・同社は出資に加え、取締役および駐在員を派遣し、ミャンマーへ進出する日系企業の人々に安定的かつ高品質な商品・サービスを提供するとともに、アジア地域の基盤を一層強化し、海外事業の持続的発展を目指す。
・同社出資比率については、今後の現地当局の承認を前提に、外資規制の上限である35%までの引き上げを目指すことを、KBZMSGeneralInsurance社と合意している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

損保

三井住友海上、シンガポールにおけるオンライン専業銀行コンソーシアムへ参画

損保

三井住友海上、事故対応における翻訳サービスの提供を開始

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得

損保

三井住友海上、ドローンとAIを活用した水災損害調査を開始~先進デジタル技術で大規模水災時の保険金支払いを迅速化~

損保

アクサダイレクト、福井センター開所式を開催

損保

三井住友海上とMELTIN、「アバターロボット保険」開発に関する協業取組を開始

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管