新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

三井住友海上ならびに、あいおいニッセイ同和損保は、運送業界における「2024年問題」の課題解消に向け、中継輸送専用の自動車保険として「借用事業用自動車運転中特約」を開発し、5月1日より販売を開始する。
両社は、運送事業者をはじめとする企業の諸課題の解決を支援する商品・サービスの開発等により、さまざまな社会課題の解決に貢献していく。
1.背景
運送業界では、2024年4月の労働基準法改正による「2024年問題」が注目されている。人口減少に伴う労働力不足に加えて、ドライバーの時間外労働の上限規制(年960時間)への対応などにより、安定的な輸送力を確保することは運送事業者が取り組むべき重要な課題となっている。
国土交通省では、長時間労働を抑制しつつドライバー不足を解消する施策として中継輸送の実施を推奨している。中継輸送とは、長距離運行を複数のドライバーで分担する輸送方式であり、日帰り勤務が可能になるなど、労務負荷の軽減が期待されている。
中継輸送には、ドライバー交替方式、トラクター・トレーラー交換方式、貨物積替え方式の3種類があり、ドライバー交替方式では、中継地点から他の運送事業者の車両を借用し運転するため、事故発生時の補償が課題の一つとなっている。
2.「借用事業用自動車運転中特約」の概要
本特約は、ドライバー交替方式における他の運送事業者の車両を自社の車両とみなして補償する。
従来は、他社ドライバーが運転中の事故でも自社の車両は自社の保険で補償するケースが多く、課題となっていたが、本特約によってその課題を解消することが可能となる。
対象契約:自動車保険フリート契約(所有かつ使用する自動車が10台以上の契約)
セット条件:
①中継輸送を実施している企業であること
②全車両一括特約および法人他車運転特約をセットした契約であること
補償例:
・中継輸送中に借用自動車を破損させてしまった場合、本特約に加入している企業
(ドライバー側)の車両保険にて修理費用を補償
・中継輸送中に対人事故を起こしてしまった場合、本特約に加入している企業
(ドライバー側)の対人賠償責任保険にて賠償保険金を補償
保険始期日:2024年5月1日以降

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アイペット損保、保有契約件数が90万件を突破

損保

楽天損保、「1日保険シリーズ」を販売終了

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行で『やさしい円ねんきん』の販売を開始

損保

三井ダイレクト損保、「強くてやさしいクルマの保険」「強くてやさしいバイクの保険」を改定

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「特定疾病・障害・介護保障定期保険『あんしんプレミアム定期』」を発売

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

生保

メディケア生命、限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)(24)「新メディフィットRe」を発売

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

関連商品