シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、介護費用の実態を調査~介護費用総額の平均は787万円

損保ジャパン日本興亜は、年間約10万人が「介護離職」を余儀なくされ※、離職した本人自身の経済的損失だけでなく、雇用する企業にとっての損失が大きいことなど日本経済における大きな課題となっている現状をふまえ、介護費用の実態を調査するアンケートを実施した。
※出所:総務省統計局「平成29年就業構造基本調査」
このアンケートは全国の20~69歳の男女で、過去3年以内に親・配偶者いずれかの介護経験があり、かつ現在は介護を終了している人を対象に調査したもの(有効回答数1,539名)調査結果のポイントは次のとおり。
1.介護期間と介護費用
・介護期間平均は約3年7ヶ月(43.1ヶ月間)
・介護開始時に掛かった初期費用平均は98.1万円、介護開始以降の月額介護費用平均は12.7万円
・介護費用総額平均は787万円
2.働き方の変化と介護費用の関係
「働き方に変化があった」と回答した方の介護費用総額平均は1,034万円であり「働き方に変化はなかった」と回答した方のおよそ倍であることが分かった。
3.介護方法別介護費用
・「入居型施設利用」と回答した方の介護費用総額の平均は1,164万円。
・「同居介護(在宅)」は平均655万円、「別居介護(在宅)」は平均415万円と他の介護形態と比較して最も高額となった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、音声ビッグデータを活用した、高品質な電話応対ガイドAIを開発

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「景況感」と「『平成の振り返り』と『新時代“令和”への期待・展望』」について

損保

損保ジャパン日本興亜、大学生・大学院生の環境NPOインターンシップ「CSOラーニング制度」参加者募集を開始

損保

損保ジャパン日本興亜、碧南市との『包括連携協定』を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、【大阪大学・損保ジャパン日本興亜・オカムラ】産学共創プロジェクト「オン・キャンパス・インターンシップ」を開講

損保

損保ジャパン日本興亜、岸和田市との『包括連携協定』を締結

生保

ライフネット生命と一般社団法人キャンサーペアレンツが「子育て世代のがん患者における教育費に関する調査」を実施

損保

損保ジャパン日本興亜、AIを活用した防災・減災システムの開発・提供

損保

損保ジャパン日本興亜、熊谷市と『地方創生に係る包括的連携に関する協定』を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、新テレビCM「気をつけて」篇の放映と「LINEスタンプ」の無料配布