シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、自動運転車の事故トラブル対応サービス研究拠点「コネクテッドサポートセンター」の開設と自動運転車による実証実験実施

損保ジャパン日本興亜は、自動運転社会において損害保険会社が果たすべき役割の研究を加速させることを目的として、このたび遠隔型自動運転運行サポート施設(以下、「コネクテッドサポートセンター」)をプライムアシスタンスに開所し、実証参画企業と協力して、自動運転車(レベル4※1相当)の事故トラブルを想定した操舵介入※2とオペレーターによる対応の実証実験を、9月27日に実施した。
※1 レベル4・・・米国自動車技術会(SAE)が提示した自動車運転レベル定義「高度運転自動化」を指す。
※2 操舵(そうだ)介入・・・運転者不在の自動運転車を遠隔地の運転手が、危険を回避するなどの目的で操縦すること。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、成年年齢引き下げに関する調査を実施

生保

住友生命、「仕事と妊活・不妊治療の両立に関するアンケート」を実施

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

生保

エヌエヌ生命、全国の男性中小企業経営者と妻の「ホワイトデー」意識を調査

生保

太陽生命、少子高齢社会研究所、味の素と血液中アミノ酸プロファイル等を活用したがん・生活習慣病予防に関する共同研究を開始

生保

エヌエヌ生命、【業種別】全国の中小企業におけるSDGsへの取り組みに関する調査結果を発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、洪水予測データの利活用等に関する共同研究における長野県をフィールドとした予測データ活用型流域治水の実現に向けた検証を開始

損保

ソニー損保、「2022年 新成人のカーライフ意識調査」を実施

損保

損保ジャパン、レッカー搬送業者向けVRトレーニングコンテンツを用い自動運転サービスの研究等を実施

損保

東京海上日動、持続可能な水産養殖社会の構築に向けたソリューションの共同研究・開発を開始

関連商品