シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、アフリカ開発銀行発行の社会貢献ボンドに26億円投資

三井住友海上あいおい生命は、このたびアフリカ開発銀行が発行する「インダストリアライズ・アフリカ」をテーマとする債券(私募形式、以下、「本債券」)に投資した。
アフリカ開発銀行は、2013年から2022年までの10ヵ年戦略の実行を加速すべく、最優先に開発を進めていくべき分野として、2015年9月に「High 5s」(ハイ・ファイブズ)と呼ばれる5分野(1.アフリカの電化 2.食糧増産 3.工業化 4.地域統合 5.生活の質の向上)を設定した。
「インダストリアライズ・アフリカ」は、アフリカを工業化することを目的としたプロジェクトで「High 5s」の優先分野の一つ。本債券の発行により調達された資金は、「インダストリアライズ・アフリカ」の分野内で、2025年までの目標とされる工業がGDPに占める割合を現状の130%増とすることや、35の特別な経済地域を制定することなどに活用されるよう最大限の努力が払われる。また、融資を受けるプロジェクトは民間セクターを支援し、中小企業(SMEs)の発展の可能性を高めることを企図し、アフリカの持続可能な経済的、社会的発展に資することを目指す。
<投資の概要>
・発行体:アフリカ開発銀行
・投資額:3,000万オーストラリア・ドル(26億円相当※)
※1オーストラリア・ドル=87円で換算
・格付け:スタンダード&プアーズ:AAA /ムーディーズ:Aaa /フィッチ:AAA /日本格付研究所:AAA
・償還日(期間):2027年9月27日(約10年)
・アレンジャー:大和証券株式会社

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

損保

東京海上日動、中小企業向け育児休業延長時の費用を補償開始

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

損保

セゾン自動車火災、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資