新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、アフリカ開発銀行発行の社会貢献ボンドに26億円投資

三井住友海上あいおい生命は、このたびアフリカ開発銀行が発行する「インダストリアライズ・アフリカ」をテーマとする債券(私募形式、以下、「本債券」)に投資した。
アフリカ開発銀行は、2013年から2022年までの10ヵ年戦略の実行を加速すべく、最優先に開発を進めていくべき分野として、2015年9月に「High 5s」(ハイ・ファイブズ)と呼ばれる5分野(1.アフリカの電化 2.食糧増産 3.工業化 4.地域統合 5.生活の質の向上)を設定した。
「インダストリアライズ・アフリカ」は、アフリカを工業化することを目的としたプロジェクトで「High 5s」の優先分野の一つ。本債券の発行により調達された資金は、「インダストリアライズ・アフリカ」の分野内で、2025年までの目標とされる工業がGDPに占める割合を現状の130%増とすることや、35の特別な経済地域を制定することなどに活用されるよう最大限の努力が払われる。また、融資を受けるプロジェクトは民間セクターを支援し、中小企業(SMEs)の発展の可能性を高めることを企図し、アフリカの持続可能な経済的、社会的発展に資することを目指す。
<投資の概要>
・発行体:アフリカ開発銀行
・投資額:3,000万オーストラリア・ドル(26億円相当※)
※1オーストラリア・ドル=87円で換算
・格付け:スタンダード&プアーズ:AAA /ムーディーズ:Aaa /フィッチ:AAA /日本格付研究所:AAA
・償還日(期間):2027年9月27日(約10年)
・アレンジャー:大和証券株式会社

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、国内機関投資家として初となる賃貸戸建住宅ファンドへ投資

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得を実施

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」新たなサービスの提供を開始

生保

大樹生命、人権問題などの社会課題の解決を目指す国際的なイニシアティブ「Advance」に署名

生保

明治安田生命、「森林・農地ファンド」に投資

生保

アフラック生命、国内劣後社債を発行

生保

太陽生命、「株式会社SUBARU」が発行する「グリーンボンド」への投資を実施

生保

大樹生命、アジア開発銀行が発行する「ブルーボンド」に投資

損保

MS&ADホールディングス、保険引受先・投融資先に係る温室効果ガス(GHG)排出量削減目標を設定

生保

住友生命、Beyond Next Ventures株式会社が組成するファンドへ投資

関連商品