新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、ニッセイ・インパクト投融資枠を設定

日本生命は、より能動的なサステナビリティ・アウトカム(以下、「アウトカム」)創出を追求する観点から、テーマ投融資の内枠となる新たな投融資目標として、ニッセイ・インパクト投融資枠(2024-2030年度:5,000億円)を設定した。
ニッセイ・インパクト投融資枠では、収益性に加え、同社資産運用における6つのサステナビリティ重点取組テーマの課題解決につながるアウトカム創出が見込める案件に対して、資金提供を行う。また、投融資先との対話を通じてアウトカム創出状況の確認や先進事例・国内外のイニシアティブ動向の共有を実施することで、企業と持続可能な社会を共創するとともに、インパクト投融資の裾野拡大に貢献する。
同社はこれまで、テーマ投融資5兆円(2017-2030年度)および脱炭素ファイナンス枠3兆円(2017-2030年度)の目標を掲げ、グリーンボンドをはじめとしたサステナブルファイナンスを推進してきた。次年度から始まる「中期経営計画2024-2026」においても、『経済的保障とともに安心して暮らせる未来』を実現すべく、アウトカム創出を志向する責任投融資を推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

日本生命、奈良県と「連携と協力に関する包括協定」を締結

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

日本生命、2024年度入社式社長挨拶を公表

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

日本生命、2024年プロ野球「審判員ユニフォーム広告協賛」

関連商品