新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、ニッセイ外国株式クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンドへ50億円を投資

あいおいニッセイ同和損保は、ニッセイアセットマネジメント株式会社が運用する「ニッセイ外国株式クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンド(以下、同ファンド)」に50億円を投資した。
クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンドへの投資は、同社として初めてとなる。
1.背景
近年、持続可能な社会への移行に向けて、気候変動(ClimateChange)に加えて、自然資本・生物多様性(Nature)への対応の重要性がますます高まっている。同社は「レジリエントでサステナブルな社会の実現」に向けて、「健やかな地球環境を未来につなぐ~PlanetaryHealth~」をサステナビリティ重点取組項目の一つに掲げ、ESG投融資を積極的に推進している。
今般、同ファンドの資金使途が、同社が目指す「レジリエントでサステナブルな社会の実現」の考えに合致することから投資を行うこととした。
なお、同ファンドには、同社以外に日本生命も投資を実施している。
2.投資の概要
・名称 ニッセイ外国株式クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンド
・運用者 ニッセイアセットマネジメント株式会社
・投資対象 グローバル上場株式(日本株除き)
・特徴
Nordea Asset Management HoldingABの投資助言を活用し、気候変動対応および自然資本保護の観点で課題を抱える企業へ投資を行い、エンゲージメントを通じて課題解決に資する取り組みを促進することで、サステナブル社会の実現と投資先企業の企業価値向上を目指すファンド
・投資日 2024年3月26日
・投資額 50億円
3.今後の展開
同社は「レジリエントでサステナブルな社会の実現」に向け、今後も積極的なESG投融資を通じて、気候変動への対応等、社会課題解決に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、ADテレマイレージの寄付先に「2024年台湾東部沖地震救援金」を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】環境・生物多様性に関する事業リスク定量化アプリの開発を開始

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

損保

あいおいニッセイ同和損保、パラアスリート2名が神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会の日本代表に決定

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

日本生命、ニッセイ外国株式クライメート・アンド・ネイチャー・トランジション戦略ファンドに200億円投資

損保

東京海上ホールディングス、地震キャットボンド「Kizuna Re III」を発行

関連商品