新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、介護者向けメンタルケアサービスの開発に向けた実証実験を開始

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスとMS&AD Ventures Inc.は、3月から、SELFと協業し、介護者向けのメンタルケアと介護に関わるライフサポートを目的とする新サービスの開発に向けて実証実験を開始した。
◆実証実験の概要
本実証実験では、SELFが開発・運営する会話型ライフサポートアプリ「SELF」の基盤を活用する。アプリ内のキャラクターが家族介護者と日常的に会話し、日々の悩みや介護に関わる課題を捉えて、『ストレスや不安の受け止め』『こころの状態の可視化』『介護知識の充実』などのソリューションを提案する。
ユーザーへの提案には、MS&ADグループが有する健康に関わる知見やノウハウも活かし、精神的疲労や介護への不安を軽減していく。
◆今後の展開
本実証実験においてユーザーへの有効性が確認できることを前提に、専門介護者や家族介護者の親族等まで対象範囲を拡大し、より具体的な介護情報やサービスの提案を含む、トータルサポートサービスの構築を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

生保

太陽生命、NTTCom、生成AIを活用したアバターによる生命保険募集の共同実証実験を実施

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転レベル4による自動運転路線バスの定期営業運行に向け、市街地での自動運転率100%を目指した実証実験に参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス技術を活用し高齢ドライバーの交通事故防止策に向けて宮崎県警察と実証実験を開始

関連商品