新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、NTTCom、生成AIを活用したアバターによる生命保険募集の共同実証実験を実施

太陽生命とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTTCom)の2社は、2024年1月~3月にかけて、生成AIを活用したDe-Identification Ltd.社(以下D-ID社)のAIアバターによる生命保険募集の実証実験(以下、本実証実験)を実施した。
1.目的
太陽生命とNTTComは共同で、最新技術を活用した新たな営業手法の実現を目的として、生成AIを活用したアバターによる生命保険募集において、下記の実証実験を実施した。
・D-ID社のアバターを用いたAIアバターの外観や動作の評価
・大規模言語モデルによるシナリオを組み込んだ対話内容の評価
2.本実証の内容と成果
本実証実験は3か月間にわたり、下記の観点において検証を実施した。
(1)生成AIによる対話精度の検証
生成AIを活用することで、お客様と生命保険募集に関する会話応対を実施できるか、また募集に必要となる情報を収集できるか検証を行った。具体的には、保険営業における対話シナリオやFAQを作成し、生成AIのプロンプトに組み込んで営業現場での対話(主に情報収集プロセスやニーズ喚起)を想定した対話モデルを構築した。そして、提案内容を作成するにあたり対話モデルが必須事項をヒアリングできたか、対話の精度、応答速度などにつき評価を実施した。その結果、将来の商用利用を想定した、より具体的な検討に進めるとの結論に至った。
(2)生成AIによるアバターイメージの検証
AIアバターが人間の様に動作し、お客様に対して自然かつ印象良く発話、応対ができるか検証を行った。具体的にはD-ID社の生成AI(『Creative Reality Studio』)を活用し、実在の社員を元にした動画アバターを生成、外観や動作などを評価した。その結果、人間としての自然な動作、応答速度などにおいて、実業務における顧客接点として本アバターを活用できる可能性があるとの結論に至った。
3.今後の展開
今回の検証においては、最新技術を活用した新たな営業手法の実現に向けて一定の成果は得られたものの、AIアバターの反応速度や悪意のある問いかけに対する反応、ハルシネーション(注)などの対策についてはさらなる検討が必要であるとの結論に至った。
太陽生命は、本実証実験の結果を踏まえ、引き続き最新技術を活用した新たな営業手法を検討していく予定である。
NTTComは、「共創」を実現するパートナーとのネットワーク、そしてAI技術を活用し、太陽生命の検討を引き続き支援して参ります。NTTグループが推進する大規模言語モデル「tsuzumi」の活用も視野に入れながら、お客様の事業拡大に貢献する。
(注)ハルシネーション:生成AIが事実に基づかなかったり、事実に反する回答を生成してしまうこと。
(参考)D-ID社について
D-ID社は、アップロードした人物の画像またはビデオからリアルなアバターを生成する最先端のAIサービスを提供している企業である。生成したアバターは、発話に応じて、顔や手を動かしたり、喋らせたり、感情表現をさせることができる。
NTTグループとは、これまでに資本提携や業務提携を行っており、日本における事業展開を共同で進めている

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「JAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2024」に特別協賛

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

関連商品