新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、子どもの貧困対策支援のための食料品寄贈

大同火災は、この度県内の子どもの貧困対策のための食料品(お米計1,870kg)の寄贈を行った。
本取り組みは昨年度から継続し、今年度で2年度目となる。今回は昨年度から支援を行っている那覇市、名護市、宜野湾市、宮古島市、石垣市に豊見城市を加えた6地域の社会福祉協議会へ食料品の寄贈を行っている。
寄贈した食料品は地域の社会福祉協議会を通して、地域の子どもの居場所となる、子ども食堂や母子生活支援施設等に贈られる予定である。
◆実施内容
寄贈品
愛を米 でいご 無洗米 5㎏
寄贈数
合計1,870kg(370袋)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

損保

大同火災、沖縄県警察および公益財団法人沖縄県交通安全協会連合会への動画掲載チラシを贈呈

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

損保

大同火災、令和6年能登半島地震に関する義援金を寄贈

損保

大同火災、「この島のあんしん・あんぜん白書(2023年度版)」を公表

関連商品