新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、自動車保険を改定

大同火災では、2023年1月1日以降保険始期の契約より、損害保険料率算出機構※による参考純率改定※や、契約条件ごとの保険金支払状況等を踏まえ、保険料の見直しを行う。
また、併せてお客さまからの意見や要望を基に、「車両保険(車対車+A)」における補償範囲の拡大、「車両新価保険特約」における適用期間拡大および適用条件の緩和、車両全損時復旧費用補償特約の新設、弁護士費用等補償特約(日常生活・自動車事故型)の新設といった改定を行う。
※ 損害保険料率算出機構は、損害保険の健全な発展を図るとともに、お客さまの利益を保護することを目的として、「損害保険料率算出団体に関する法律」にもとづき設立された中立機関である。損害保険の保険料率は「純保険料率」と「付加保険料率」からなるが、損害保険料率算出機構はこのうち「純保険料率」を算出し、参考値として各保険会社に提供しており、これを「参考純率」という。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

損保

大同火災、沖縄県警察および公益財団法人沖縄県交通安全協会連合会への動画掲載チラシを贈呈

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

損保

大同火災、令和6年能登半島地震に関する義援金を寄贈

損保

大同火災、「この島のあんしん・あんぜん白書(2023年度版)」を公表

関連商品