新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同火災、火災保険および地震保険を改定

大同火災では、2022年10月1日以降保険始期の契約から、損害保険料率算出機構の参考純率改定や沖縄県における近年の保険金支払状況等を踏まえ、火災保険の保険料改定を実施することとした。また、併せてお客さまの意見・要望を踏まえ、火災保険全体の商品改定を実施するとともに、損害保険会社各社共通で地震保険の改定を実施することを案内した。
●住宅向けの火災保険「DAY-GO! すまいの保険」/DAY-PRO! 事業財産保険の改定
1.保険料の改定
自然災害(風水災等)による保険金の支払いが増加していること等を踏まえ、損害保険料率算出機構が算出する参考純率が改定された。この参考純率の改定および同社における保険金の支払い状況等を踏まえ、保険料の改定を行う。さらに、保険の対象となる建物の所有形態に応じて、これまで以上にきめ細かい保険料体系とする。
契約条件によって保険料が引上げ・引下げとなるケースがあるが、自然災害リスクの増大により、沖縄県においては多くのケースで引上げとなる。
2.その他の改定(住宅向けの火災保険の改定内容)
・保険期間の改定
引受可能な保険期間を最長5年とする。※1
※1 現在自動継続方式を設定している契約についても、自動継続後の保険期間は最長5年となる。
・建物の簡易評価基準の見直し
近年の物価水準等を勘案し、建物の保険金額を算出する際に使用している簡易評価基準※2の見直しを行う。
※2 建物を簡便に評価するため、同社が標準的な目安として用いているもの。
・建物所有形態の告知事項化
建物の所有形態に応じた保険料体系とすることに伴い、建物所有形態を新たに告知事項とする。
・補償危険共通免責金額方式の導入
免責金額を補償危険共通で設定する方式を導入する。※3
※3 より高額な免責金額を設定することで保険料を節減することが可能となる。
・Web約款への移行
更新契約は原則Web約款※4となる。
※4 Web約款とは、「契約のしおり(約款)」を冊子ではなくインターネット上で確認できるもの。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

損保

大同火災、沖縄県警察および公益財団法人沖縄県交通安全協会連合会への動画掲載チラシを贈呈

損保

大同火災、那覇市へランドセルカバー寄贈

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

損保

大同火災、令和6年能登半島地震に関する義援金を寄贈

損保

大同火災、「この島のあんしん・あんぜん白書(2023年度版)」を公表

関連商品