シンニチ保険WEB

大同火災、自賠責保険証明書における保険料収納済印の取扱い変更

大同火災では、令和3年9月の自動車損害賠償保障法施行規則の改正により自賠責保険証明書(以下 証明書)への保険料収納済印の押印が法令上不要となったことを踏まえ、証明書の保険料収納済印欄に保険料収納年月日を記載する運用に変更するため、「この証明書に保険料収納済印のないものは無効です。」との文言が記載されている場合でも、有効な証明書として取扱いができるように取扱いを変更する。
1.変更となる内容について
これまでは保険料収納済印欄に自賠責証明書専用印(以下 収納済印)が押印されていることで証明書が有効であると判断されてきた(以下 「<自賠責保険証明書・保険料収納済印欄>中【従来】」)が、自動車損害賠償保障法施行規則の改正に伴いこれまでの収納済印が押印された証明書から、収納年月日が記入された証明書(以下 「<自賠責保険証明書・保険料収納済印欄>中【変更後】」)が有効となる。
2.運用変更のスケジュールについて
収納済印廃止に伴う運用変更のスケジュールについては8月末までは収納済印を使用した証明書と、収納年月日を記入した証明書が混在することとなる。
◆収納済印を押印した証明書
8月末まで  有効
9月1日以降  無効
◆収納年月日を記入した証明書
8月末まで  有効
9月1日以降  有効

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

損保

大同火災、火災保険および地震保険を改定

損保

大同火災、オキナワ・スタートアップ・プログラムで採択されたDayz社と包括連携協定を締結

損保

大同火災、新型コロナウイルス感染症等追加補償特約を廃止

損保

大同火災、格付評価を公表

損保

大同火災、那覇市へのランドセルカバーを寄贈

損保

大同火災、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)認定取得

損保

大同火災、那覇市消防局と連携協定書を締結

損保

大同火災、保険料スマホ決済サービスに「au PAY」を新たに導入

損保

大同火災、子どもの貧困対策支援のための食料品を寄贈

関連商品