シンニチ保険WEB

大同火災、新型コロナウイルス感染症の追加補償の改定

大同火災では、新型コロナウイルス感染症による影響が全国規模で拡大を続けていることを踏まえ、特定の感染症による休業損失や利益損失を補償する契約に対し、新型コロナウイルス感染症による休業損失や利益損失についても補償する特約を新設し自動セットする対応を実施する。
本改定は、すでに加入している契約を含めて、新型コロナウイルス感染症が「指定感染症」に指定された2020年2月1日に遡って実施する。
なお、本改定による追加保険料はない。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、新型コロナウイルス感染症追加補償特約を改定

損保

大同火災、日本防災士会沖縄県支部との防災減災にかかる連携・協力に関する協定

損保

大同火災、「沖縄ベンチャーフレンドリー宣言」へ参画

損保

大同火災、2019年度お客さまの声改善事例を公表

損保

大同火災、新型コロナウイルス感染症等対応費用補償特約を販売

損保

大同火災、火災保険および地震保険の改定を実施

損保

大同火災、「Web証券」を導入

損保

大同火災、「保険料スマホ決済サービス」を開始

損保

大同火災、「OKINAWA Startup Program 2020-2021」を開始

損保

大同火災、沖縄県内企業向け「会社役員賠償責任保険(D&O保険)」を販売

関連商品