シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、40~50代に親の運転について意識調査を実施

セゾン自動車火災は、近年、高齢者の運転による交通事故の報道が増え続ける中、高齢者の運転をとりまく課題や家族の向き合い方を考えるため、子世代である全国の40~50代の300名を対象に意識調査を実施した。
【主な調査結果】
①40~50代の約8割が、「親など高齢者にとって車は生活の足として欠かせない」
両親など高齢者ドライバーにとって自動車は不可欠かという質問に対し、40~50代の8割弱の人が生活に不可欠と回答。両親など高齢者の運転の目的は、買物など日常の移動手段がほとんどを占めた。
②高齢者である親の運転。不安を感じても「話し合ったことがない」が約4割
親の運転に不安を感じたことはあるが、運転技術や免許返納といった話題に関しては、親子間で十分にコミュニケーションがとれていない状況が4割にも。
③自身が高齢になったら? 40~50代の6割近くが「免許返納は自分の運転に自信がなくなったとき」
自分自身の免許返納時期に関しては、「自分の運転に自信がなくなったとき」という自己判断だと答えた人が6割近くも。
40~50代の多くが、「親など高齢者にとって車は生活の足として欠かせない」と回答している。そのため、親の運転に不安を感じることが多くなってきても、親の今後の運転に関する話題はなかなか切り出しづらいのだと考えられる。この問題に関して、実際に
親子で十分にコミュニケーションをとれていない人も多いことが、今回のアンケートによって明らかになった。
*調査時期:2019年8月
*調査対象:全国の40~50代 300名
*調査方法:インターネット調査

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース

生保

ライフネット生命、成年年齢引き下げに関する調査を実施

生保

住友生命、「仕事と妊活・不妊治療の両立に関するアンケート」を実施

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

損保

セゾン自動車火災、「健康経営優良法人 2022」に認定

生保

エヌエヌ生命、全国の男性中小企業経営者と妻の「ホワイトデー」意識を調査

損保

セゾン自動車火災、夫婦間・家族間における、お金の管理に関する調査を実施

生保

太陽生命、少子高齢社会研究所、味の素と血液中アミノ酸プロファイル等を活用したがん・生活習慣病予防に関する共同研究を開始

損保

セゾン自動車火災、価格.com 自動車保険 満足度ランキングで第1位獲得

生保

エヌエヌ生命、【業種別】全国の中小企業におけるSDGsへの取り組みに関する調査結果を発表

関連商品