シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランスグループ、同志社大学商学部に寄付講座を開講

MS&ADインシュアランスグループとMS&ADインターリスク総研は、9月25日より同志社大学商学部において、「新時代のリスクと保険事業」をテーマに、寄付講座(秋学期計15回)を開講する。本講座は2017年から開講しており、今回で3年目を迎える。
本講座は、MS&ADインシュアランスグループにおけるサステナビリティ活動の一環として、超高齢社会の到来や多様化・巨大化するリスクに直面する日本社会の急速な変化に対応する保険事業の役割等について、MS&ADホールディングスおよびMS&ADインターリスク総研の両社が次代を担う大学生を対象に寄付講座として開設したもの。
本講座では、社会におけるリスクとその対策について理解を深めることを目的に、保険事業やリスクマネジメント理論に加え、保険事業全体を取り巻く環境や関連するビジネス展開等を幅広くテーマとし、大学教員コーディネートのもと、当該分野の専門家およびMS&ADインシュアランスグループの役職員が講義を行う。
昨年度受講した学生からは、
・「外部講師による専門的な講義であり、普段はなかなか聞くことができない内容であった」
・「保険そのものに加え、新技術(AI、IoTなど)のテーマが含まれており非常に興味深かった」
等の感想が寄せられており、本年度もこうした声に応えるテーマ選定と内容にしている。
MS&ADインシュアランスグループは、人と社会の未来を支える「保険事業」に関する理解促進と、次代を担う人材の育成支援の観点から、これまで培ってきた経験やノウハウ、構築してきたネットワークを活用した講座を提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携で上智大学と連携講座(パラスポーツ関連科目)を今年度も開講

損保

MS&ADグループ中期経営計画(2022-2025)を策定

生保

大同生命、2021年度寄付による大学等でのオープン講座を開催

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスとインターリスク総研、東北大学大学院国際文化研究科で寄附講義を開講

生保

大同生命、寄付による大学等でのオープン講座を明治大学で19回目の開催

生保

メットライフ生命、長崎大学経済学部と「外資系生命保険会社の保険実務」講座を開講

損保

MS&ADインシュアランスグループとMS&ADインターリスク総研、同志社大学商学部に寄付講座を開講

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディング、日本内部監査協会「会長賞」を受賞

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、「DX注目企業2020」に選定

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、新型コロナウイルス感染症対策に対する支援金寄付

関連商品