シンニチ保険WEB

損保協会、「クリーン・ビーチいしかわ」に損保関係者約360名が参加

損保協会北陸支部では、5月26日(日)7時から石川県内の海岸愛護運動「※クリーン・ビーチいしかわ」に参加した。
当日は石川県内の一斉清掃デーであり、金沢・白山・羽咋(はくい)・能登・内灘・中能登の6市町の海岸に総勢約14,000名が参加して、約1時間清掃活動が行われた。
同支部が担当した白山市の松任徳光(まっとうとくみつ)海岸では、団体・個人を合わせ約1,300名が参加した。損保協会北陸支部からは、同海岸で清掃活動に参加した約40の団体の中で、最多となる約360名の参加があった。
同支部は、白山会場でクリーン・ビーチいしかわ実行委員会から委嘱を受けたボランティアリーダーとして本部テントを設営し、受付・ゴミ袋の配付、安全スタッフ(看護師)の配置、ゴミ集積場の設置、パトロール等を行い、活動をサポートした。
当日は当地でもかなり暑い状況となったが、そのような中でも参加者が精力的にペットボトルやプラスチック片・空き缶などを拾ったことで、海岸は見違えるほどきれいになった。
※「クリーン・ビーチいしかわ」:1995年から身近な環境ボランティアとして開催され、2018年度までに累計255万人が参加する全国でも有数の環境ボランティア活動
同支部は2001年から19年連続してクリーン・ビーチいしかわに参加しており、今後も会員各社とともに、環境保護・社会貢献活動を行っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

関連商品