シンニチ保険WEB

東京海上日動火災、「Innovation in Insurance Awards」を受賞

東京海上日動は、Efmaがアクセンチュアと共催するInnovation in Insurance Awardsにおいて、Global Innovator部で最高賞(Winner)を受賞し、Connected insurance and ecosystems部で銀賞(silver)を受賞した。
同社は、Efmaがアクセンチュアと共催する第3回Innovation in Insurance Awardsにおいて、Global Innovator部で最高賞(Winner)を受賞する等、2つの部で入賞した。
●Global Innovatorの部/Winner( 最高賞)
<受賞理由>
同社が、社会的変化に対応する革新的な保険商品・サービス開発・提供に取り組んだことが評価されて選出となった。具体的には、
・テレマティクス技術を活用し、個人お客様向けにドライブレコーダーを貸し出す業界初サービス「ドライブエージェントパーソナル」
・若年層を向けに、保険を「気軽に」「楽しく」学べるスマホアプリ「保険ヒーローMAINE」(*2)
・働き方改革推進を支援する「テレワーク保険」
・同性間パートナーを「配偶者」として補償対象に含める取り組みなど保険商品・サービスが評価対象となった。
●Connected insurance and ecosystemsの部/silver(銀賞)
<受賞取組>
ドライブエージェントパーソナル
<取組概要>
通信機能付きドライブレコーダーを活用した自動車保険特約サービス。
<受賞理由>
自動車に強い衝撃を検知すると、東京海上日動オリジナルドライブレコーダーが自動で事故受付センターに発報する機能や、重篤な怪我でドライバーが応答できない場合でも事故受付センターがGPSで自動車位置を確認し救急や警察に救護を要請する機能、運転時の外部環境(天候・時間帯)やお客様の運転状況(走行速度・危険運転傾向)をもとに危険地点を予測し、車が接近した場合に音声メッセージ等によりリアルタイムに注意喚起を行う機能、お客様ごとの危険傾向運転傾向をもとに作成した安全運転診断レポートの提供など、テレマティクス技術を活用し、より高度な事故対応サービスや事故削減サービスを提供している点が評価された。
このコンテストは世界中で最もイノベイティブな取り組みやプロジェクトを表彰し、保険業界にイノベーションを加速するために行われるもので、同社イノベーションは世界45カ国、237企業/団体から寄せられた合計320件応募案件中から選ばれた。
Global Innovatorの部は、本コンテストの中でも最も権威ある部門で、同社は予め世界から選抜された20社の中から最高賞に選ばれた。同社は今後もイノベーションを通じてお客様に「安心・安全」を提供するとともに、新しいリスクに挑戦する人・企業を応援していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「電力卸売価格変保険」の販売開始

生保

SBI生命、第6回「提案募集」の受賞者発表~大賞は「ペット信託付きの生命保険に関するアイデア」

生保

SBI生命「HDI認定チームアワード」を受賞

生保

生保文化センター、2022年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

損保

AIG損保、事業継続に関する表彰「BCAOアワード2021」で大賞を受賞

損保

東京海上日動、AIを活用した火災保険における不正請求の早期検知の取組みを開始

損保

東京海上日動、NTT東日本・トレンドマイクロとの協業によるサイバーセキュリティ分野の強化に向けた取り組みを開始

損保

東京海上日動、保険の理解度向上に繋がるWebサービス開発に向けた取組みを開始

生保

SBI生命、週刊ダイヤモンドの「保険 最強ランキング」において就業不能保険「働く人のたより」が第1位を獲得

生保

ライフネット生命、「保険市場」の『2022年版昨年最も選ばれた「保険ランキング」』において2冠を達成

関連商品