新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上が第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」最優秀賞(厚生労働大臣賞)を受賞

三井住友海上は、今般、厚生労働省が主催する「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」において、最優秀賞(厚生労働大臣賞)を受賞しました。
同制度は、企業における生産性向上と雇用管理改善(魅力ある職場づくり)の両立を促進するため、実施されているもの。第2回となる今回は、全国88の企業・職場から応募があり、同社を含む3社が最優秀賞(厚生労働大臣賞)を受賞した。
■「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の概要
(1)同制度は、労働生産性の向上と雇用確保・雇用環境の改善を両立させている企業を表彰するとともに、優れた取組事例を収集し、広く啓発・普及させていくことを目的として、2016年度に創設された。
(2)厚生労働省、公益財団法人日本生産性本部および有識者が、以下4つの観点で審査し、応募企業・職場の中から選出する。
①労働生産性向上(付加価値向上と効率化)
②雇用管理改善(働きやすい・働きがいのある職場づくり)
③経営理念(方針の策定・浸透)
④組織成果(組織への好影響)
※詳細は、厚生労働省のホームページを参照。http://koyoukanri.mhlw.go.jp/index.html
■評価されたポイント
・全社的な働き方改革の取組により、在宅勤務実施件数の大幅増加、残業時間の削減等を実現
・管理職の意識改革を目的とした研修等、人財育成の実施および柔軟な勤務制度の実施等により、女性管理職割合を増加
・全社員が使いやすいツールの開発を人事部で独自に実施
・RPA(ロボットによる業務自動化)を試行開始し、業務削減に成功
■同社の取組内容と効果
(1)取組内容
働き方改革の推進や、RPA(ロボットによる業務自動化)等により生産性向上を実現した。
・「遅くとも原則19時前退社」ルールの導入や、在宅勤務制度の利用を推進し、年間で延べ
約1,800名が利用するなど、多様で柔軟な働き方を推進。
・働き方改革の推進とともに、業務効率化のためにRPA(ロボットによる業務自動化)・エクセルVBAを活用し、労働時間を削減。
・人財育成では「個の力」「組織の力」の強化を掲げ、キャリアマネジメントを推進し、社員に必要なプログラムを提供。
・女性活躍の場を広げるため、育児休業中の社員が自宅で臨時に在宅で就業する仕組み(MS
クラウドソーシング)を金融業界で初めて導入するとともに、女性管理職を育成するための研修等を実施。

(2)取組効果
・「遅くとも原則19時前退社」ルールの導入により、時間を意識した生産性の高い働き方が定着した。
・平均残業時間が約10%削減され、総労働時間短縮につながり、ワークライフバランスの実感が向上した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、体験型防災学習コンテンツ「親子で防災&保険ワークショップ」を開発

損保

イーデザイン損保、カスタマーサポート表彰制度優秀賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

生保

明治安田生命、「2024年度カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞」を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、企業向け火災保険で「再発防止費用補償特約」を販売

生保

アフラック生命、「Insurance Asia Awards2024」で5年連続で受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、「Insurance AsiaAwards2024」で2部門を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価にて現地トヨタ保険が11年連続13回目の総合1位を獲得

損保

MS&ADホールディングス、CVCが「GCVパワーリスト賞2024」に選出

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、個人向け火災保険で「建物省エネ化費用特約」を販売開始

関連商品