シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜福祉財団、介護家族の会、介護家族等を支援する団体に研修会資金を助成

 損保ジャパン日本興亜福祉財団は、在宅で高齢者を介護する家族等の介護のレベルアップなどに寄与し豊かな高齢社会の発展の一助となることを目的に、介護家族の会、介護家族等を支援する団体、18団体に合計約230万円の助成を行うことを決定した。同財団が今年度から新設した事業で、認知症等の高齢者を在宅で介護する家族等を対象とした研修会に関わる開催費用を助成。2016年度は北海道、東北地区、関東地区を対象に18団体への助成を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、静岡県浜松市における官民合同コンソーシアムへ参加

生保

第一生命ホールディングス、認知機能向上ゲーム「運転技能向上トレーニング」を提供

生保

メットライフ生命、安心で豊かな老後のための介護保障を備えた「ウェルスデザイン」発売

生保

明治安田生命、認知症ケア MCIプラスを発売

生保

SOMPOひまわり生命、認知機能改善・維持の支援をトータルで行う「ニューロトラック脳ケア」アプリの提供開始

損保

MS&ADホールディングス、東京大学との共同研究の開始

損保

損保ジャパン日本興亜、常陽銀行と認知症に関する協業を開始

生保

SOMPOひまわり生命、学習院大学主催シンポジウム『超高齢社会を科学するⅣ』へ協賛

生保

朝日生命、インターネットアンケート調査「親」に関して心配に思うこと

共済

日本生協連、「生協10の基本ケア」重度化予防効果の実証結果を報告