新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

auフィナンシャルグループ、LGBTQ+に関する取り組み指標「PRIDE指標」の最高位「ゴールド」を受賞

auフィナンシャルホールディングス、au損保、auじぶん銀行、auフィナンシャルサービス、auペイメントのauフィナンシャルグループ各社は、LGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティ(以下LGBTQ+)に関する取り組みを評価する「PRIDE指標」において、最高位である「ゴールド」を11月7日に受賞した。
なお、auフィナンシャルホールディングス、au損保、auじぶん銀行、auペイメントの「ゴールド」獲得は2年連続、auフィナンシャルサービスは初の獲得となる。
「PRIDE指標」は、2016年6月に任意団体「work with Pride」が、企業・団体などの枠組みを超えて、LGBTQ+の人々が働きやすい職場づくりを日本で実現することを目指し、策定した指標である。
auフィナンシャルグループ各社では、「ダイバーシティが基本」というフィロソフィを大切にし、性的指向や性自認などに関わらず、社員一人ひとりが持てる能力を存分に発揮できるような組織や風土づくりに取り組んでいる。
具体的には、採用活動における性別記載の不問、eラーニングによる啓発活動や、同性パートナーおよびその子も家族として取り扱う制度の導入、社内に向けたLGBTQ+に関するガイドラインの制定などに取り組んでおり、さらにauじぶん銀行においては2023年から性別適合手術やホルモン治療への休暇制度拡大も開始した。これらの一連の取り組みが評価され、今回の「ゴールド」受賞につながったと考えている。
これからもauフィナンシャルグループ各社のお客さまの声に応えるために、多様な個性や価値観を尊重し、auフィナンシャルグループの社員一人ひとりが活躍できる職場環境の実現に向けた取り組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

au損保、ペット保険のキャッチコピーと商品呼称をあらたに策定、新TVCM全国放映とウェブサイトのフルリニューアルを実施

損保

au損保、「自転車ロードサービス」を拡充

損保

au損保、「ペットの保険」の取り扱い開始、全国のセブン‐イレブン店頭で、保険料の支払いが可能

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

損保

au損保、LGBTQ+に関する取り組み指標「PRIDE 指標」の最高位「ゴールド」を初受賞

損保

au損保、65歳以上の自転車利用実態を調査

損保

au損保、「自転車ロードサービス」の対象エリアを拡大

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

損保

au損保、スマホ決済「auPAY」で保険料支払いが可能に

損保

au損保、人事異動および組織改編

関連商品