シンニチ保険WEB

楽天損保、住宅向け火災保険「ホームアシスト(家庭総合保険)」の申込みページをリニューアル

楽天損保は、7月14日から住宅向け火災保険「ホームアシスト(家庭総合保険)」(以下「ホームアシスト」)のインターネット申込みページをリニューアルした。今回のリニューアルにより、インターネット申込みにおいて必須とされている申し込む際には、客さま自身が手持ちの物件確認資料をデータ化し、申込みページにてアップロードする必要があった。しかし、今回のリニューアルによって、マンションなどM構造の物件については、お客さまからの物件確認資料の提出が不要となる(注2)。
楽天損保は、全国のマンション情報のデータベースを保険料見積りシステム内に新たに追加することで、お客さまが申込みページで入力された建物所在地情報と全国のマンション情報を照合するシステムを導入した。その結果、お客さまから物件確認資料を提出する必要がなくなり、よりスムーズに「ホームアシスト」へ加入することが可能となった。
また、申込みページのユーザーインターフェースも改善し、申込み時における未入力項目がアイコンと背景色で強調されるようになった。未入力項目は、「必須」と赤色のアイコンで表示され、背景が赤色で表示される。一方で、入力が完了した項目は、「入力済」と青色のアイコンで表示され、背景色が青色に更新される。
楽天損保は、Fintechへの取組みの一環として、引き続きITを活用した商品・サービスの開発を目指す。また、さらなるサービスの向上に努め、お客さまが安心して日々の暮らしを送ることができるよう、人々と社会をエンパワーメントしていく。
注1  物件確認資料の提出省略については、保険期間開始日が2022年10月1日以降の場合に限る。
注2  同社の保有するマンションデータベースと照合した場合に限る。
また、契約条件によっては確認資料の提出をお願いすることがある。
■ユーザインターフェースの改善
① 建物所在地情報を入力することで、物件確認資料の添付が不要になった。
② 未入力項目はアイコンと背景が赤色で表示され視認性が高まった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、サカイサイクル運営のオンラインショップに自転車保険申込サービスを提供開始

損保

楽天損保、OneASICS会員向けランナー保険を開発

生保

アフラック生命、デジタルテクノロジーを最大限に活用した新たなサービス「ADaaS:アダース」提供を開始

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」インターネット契約の保険料支払方法に「楽天カード」による分割払い・リボ払いを導入

生保

住友生命、「AIぴったり保険診断」のサービス開始

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」における 「楽天ポイント」の進呈率を「2倍」に拡大

生保損保

楽天損保と楽天生命、ウェブによる契約内容変更の手続きで楽天ポイントの進呈を開始

損保

楽天損保、新たにペット保険の販売を開始

損保

楽天、楽天損保、ドローンを用いた建物屋根部損害調査において5Gを活用したリアルタイム鑑定の実証実験に成功

損保

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が25万件を突破

関連商品