シンニチ保険WEB

イーデザイン損保、お客さまの声を分類するAIにより、リードタイムを半減

イーデザイン損保は、電話での問い合わせ時やアンケートなどのお客さまの声を分類するAI(人工知能)(以下、「AI」)を開発し、2021年11月から運用を開始している。
同社は、「お客さまとの共創」をミッションとして掲げ、お客さまの声を真摯に受け止め、お客さまの声に基づいた業務品質の向上に努めている。現在、年間10万件を超える声があり、内容を確認し、分類するために約100時間/月を要していた。
今般この課題解決のために専用のAIを開発し、分類に要する時間を約100時間/月から約50時間/月に削減した。これにより、削減した時間をより深い分析や改善策の検討に充てることで、これまで以上にお客さまに還元する取り組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

損保

損保ジャパン、デジタル技術導入による保険契約審査事務の完全ペーパーレス処理を開始

損保

イーデザイン損保、エーザイと「脳の健康度(ブレインパフォーマンス)向上と安全運転」をテーマとした業務提携を開始

損保

イーデザイン損保、道路上の危険マップが90自治体との共創と全国約5.7万件の危険箇所の見える化を達成~9割超の親子がマップによって交通安全を親子で話すことの有効性を実感

損保

東京海上日動、AIを活用した火災保険における不正請求の早期検知の取組みを開始

生保

明治安田生命、自動音声対話エンジン導入による請求受付を自動化

損保

アクサ損保、6月1日から手話通訳サービスを開始

損保

イーデザイン損保、生田絵梨花さんが「共創する自動車保険 &e」のアンバサダーに就任

生保

SOMPOひまわり生命、給付金請求に「AI自動音声応答サービス」を導入

損保

イーデザイン損保、「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)」に認定

関連商品