シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランスグループとMS&ADインターリスク総研、同志社大学商学部に寄付講座を開講

MS&ADインシュアランスグループ ホールディングスとMS&ADインターリスク総研は、9月29日から同志社大学商学部において、「新時代のリスクと保険事業」をテーマに、寄付講座(秋学期 計15回)を開講する。本講座は2017年から開講しており、今回で5年目を迎える。
本講座は、同社グループのサステナビリティ活動の一環として、超高齢社会の到来や多様化・巨大化するリスクに直面する社会の変化に対応する保険事業の役割等について、次代を担う大学生を対象に寄付講座として開設するものである。
MS&ADインシュアランスグループは、「保険事業」の理解促進と、次代を担う人材育成の観点から、これまで培ってきた経験やノウハウ等を活用した講座を提供していく。
【講座の概要】
社会におけるリスクとその対策について理解を深めることを目的に、保険事業やリスクマネジメント理論に加え、保険事業全体を取り巻く環境や関連するビジネス展開など、幅広いテーマを設けている。大学教員によるコーディネートのもと、当該分野の専門家および同社グループの役職員が講義を行う。
昨年度受講した学生からは、「少子高齢化や、貧困問題、環境問題、AI化等に関する講義を通じて、さまざまな知識が身についた」、「普段接点のない外部講師の方の講義を受けることができ非常に勉強になった」などの感想が寄せられ、今年度もこうした声に応えるテーマを選定している。
・講座名 「新時代のリスクと保険事業」(商学部 専門科目/5類実践科目)
・担当教授 同志社大学商学部 吉川 英一郎 教授

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、長崎大学経済学部と「外資系生命保険会社の保険実務」講座を開講

損保

MS&ADインターリスク総研、気候変動により変わりつつある洪水リスクを把握

損保

三井住友海上、損害保険データと機械学習を活用した自然災害被害推定システムを開発

損保

MS&ADインターリスク総研、「防検サイバー」がサイバーセキュリティお助け隊サービスとして登録

損保

あいおいニッセイ同和損保ならびにMS&ADインターリスク総研、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、レベル3遠隔型無人自動運転移動サービスにおける安全運行をサポート

その他

MS&ADインターリスク総研、流体解析による風災リスク診断サービスの提供を開始

損保その他

あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、通常営業の路線バスによる自動運転実証実験

その他

MS&ADインターリスク総研、NECネッツエスアイと共同開発したドローンを活用する建物劣化診断サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研がコニカミノルタと連携し、画像IoTを活用したフォークリフト事故低減サービスを開始

関連商品