新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADインターリスク総研、土砂災害リスク評価マップ「どしゃブル(R)リスク評価マップ」開発

MS&ADインターリスク総研とパシフィックコンサルタンツ株式会社は、土砂災害リスクを可視化する「どしゃブル(R)リスク評価マップ」を開発した。本マップは、建設コンサルタントとして防災・減災分野で国内有数の業務実績をもつパシフィックコンサルタンツ社が開発したどしゃブル雨量指数を用いて、全国一律の指標で土砂災害リスクを評価することが可能である。本マップを自然災害リスク評価サービス等のコンサルティングサービスに活用することで、平時における土砂災害リスクの啓発を行っていく。
【背景】
気象庁が公開する土砂キキクル(大雨情報(土砂災害)の危険度分布)は、大雨が予見される状況での土砂災害発生の危険度の高まりを把握することができるが、土砂災害が発生するような強い雨が発生する頻度を踏まえた、潜在的な危険度を知ることはできない。
そこで、平時における土砂災害リスクの啓発を目的として、全国一律の指標による土砂災害リスク評価マップ「どしゃブル(R)リスク評価マップ」を開発した。
【どしゃブル(R)リスク評価マップの概要・特徴】
(1)パシフィックコンサルタンツ社が開発したどしゃブル雨量指数を用いて、2006年から2021年までの15年分の解析雨量データ(気象庁)を分析
(2)土砂災害が発生するような強い雨が1年間で発生する頻度を見える化
(3)土砂災害警戒区域等と重ね合わせることで、地形と降雨の両面から土砂災害リスクを評価
(4)土砂災害警戒区域等に指定されない山間部も対象であり、発電所、鉄塔、パイプライン等のリスク評価が可能

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

損保

東京海上日動、建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録

損保

損保協会、「損保一般試験」(募集人試験)の教育テキストをデジタル化

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

アニコムホールディングス、AIを用いて「ペットの動画から感情を判定する」システムの特許を取得

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

三井住友海上、都市型水害の被害軽減に向けて「内水氾濫予測システム」を構築

損保

東京海上ホールディングス、企業のDX・AIビジネスを牽引するデジタル人材育成プログラムを拡充

生保

かんぽ生命、対面営業AIアプリの試行を開始~スタートアップ企業のイノベーション創出力を活かした取組み

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

関連商品