シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、AIを活用した保険金不正請求検知ソリューションの運用開始

セゾン自動車火災は、フランスのスタートアップ企業であるシフトテクノロジー社が提供する、不正な手法による保険金の請求を検知するソリューションの運用を開始した。保険金支払いの基幹業務において、スタートアップ企業との協業による不正請求検知ソリューションを導入するのは、国内の通販型損害保険会社で初の事例となる。
1.導入の背景
近年、不正な手法による交通事故関連の保険金の請求は増加している(令和2年「警察白書」より)。組織的な犯行だけでなく、インターネットで気軽に情報を得られることにより、不正な請求を行う主体の裾野が広がり、社会問題となっている。従来、このような不正な請求は、保険金お支払い部門の担当者が事案の内容を確認しながら抽出を行っていたが、その知識の伝承や専門人材の不足が課題になっていた。
今般、セゾン自動車火災は、不正請求を排除し、善良なお客さまへの公平・公正な保険金支払い態勢を維持するため、デジタル技術による不正請求検知に高い知見を有するシフトテクノロジー社のソリューションを導入することを決定した。
2.保険金不正請求検知ソリューションの概要
膨大な過去の保険金支払データをAI技術の活用により分析し、不正請求と相関関係の高い事故データを検知する。また、請求に関わる当事者等の隠れた関係性をネットワーク図にして可視化する機能も備えており、組織的な不正の疑いがある保険金請求を効率的に検知できる。
早期に不正請求を排除することにより、真に保険金が必要なお客さまに迅速に保険金を支払い、支払い業務の適切性を維持することができる。
また、シフトテクノロジー社が擁する多くのデータサイエンティストが継続的に事故データを分析して不正請求手法を検出し、検知プログラムを改良することで、今後さらに複雑化・巧妙化していく保険金の不正請求にも適切に対応することができる。
3.今後について
セゾン自動車火災は、シフトテクノロジー社との協業により、保険金支払業務を高度化し、これまで以上に迅速かつ適切な保険金支払いにつなげていく。
また、今後も先進デジタル技術を活用した革新的なサービスを提供してお客さまの安心・安全な日々をサポートするとともに、損害保険制度の安定的な運営に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース

生保

SOMPOひまわり生命、給付金請求に「AI自動音声応答サービス」を導入

損保

イーデザイン損保、お客さまの声を分類するAIにより、リードタイムを半減

生保

日本生命、オンライン本人確認(eKYC)を活用したインターネット手続を開始

生保

明治安田生命、社用スマートフォンへのQ&A検索アプリ「MYナレッジ」を導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、チャットボットによる携行品損害保険金請求サービスを開始

損保

セゾン自動車火災、「健康経営優良法人 2022」に認定

損保

東京海上日動、自動車保険Web請求完結システムを導入

損保

セゾン自動車火災、夫婦間・家族間における、お金の管理に関する調査を実施

生保

明治安田生命、給付金請求手続きにおける「請求画面の全面改訂」と「新サービスの開始」

関連商品