シンニチ保険WEB

アクサ損保、デジタルトランスフォーメーションの基盤を完成

アクサ損保(以下「アクサダイレクト」)は、業務効率化による顧客主導のサービスを実現するため、損害サービス業務のプラットフォームリニューアルならびにペーパーレスシステムの導入を5月末までに行い、2017年から経営戦略として取り組んできたデジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤作りを完了させました。これにより、様々なデータを用いた分析・改善が可能になり、新商品やサービスのスピーディーな提供開始が期待できる。ペーパーレスオペレーションへの移行による業務の効率化と事業継続計画(BCP)体制の強化を図るほか、今後はお客さまが必要な時にいつでも情報を確認できるプラットフォームの構築やSNSなどデジタルコミュニケーションツールを導入し、お客さまの利便性向上を目指す。
アクサダイレクトでは、お客さまのライフスタイルの変化やデジタルツールの発達に伴い、多様化するニーズに対応するため、経営戦略として2017年からDXを推し進め、クラウド型コールセンターシステム、基幹システムの刷新、ウェブサイトリニューアルにより、保険の見積りから申し込み、契約内容の変更・更新までを一貫してデジタルで完結できる仕組みを構築してきた。一方で、事故解決を図りサポートを担う損害サービス部門は、従来紙をベースとした業務プロセスを行ってきたため、デジタル化の推進や在宅勤務の実践に困難があり、手動のオペレーションによる業務量の多さも課題だった。
この度、損害サービス業務にGuidewire社のClaimCenter※1のプラットフォームを導入したことで、自動車事故の受付、損害調査、示談交渉、保険金の支払いの際に、自動車事故事案情報や社内外の送受書類がシステム上で管理、閲覧できるようになり、ペーパーレスオペレーションによる業務効率化を可能にできる環境が整った。
これにより在宅勤務環境の整備をさらに進め、従業員の多様な働き方を尊重する「スマートワーキング」を推進していく。
今後はお客さまの利便性向上を目的とした新たな損害サービスとして、以下の取組みを進めていく。
・書類の郵送など、お客さまの紙による手続きの最小化
・お客さまが必要な時にいつでも情報を確認できるプラットフォームの構築
・SNSなどのデジタルコミュニケーションツールとの接合
以上の取組みによって創出される時間でお客さまと今まで以上に向き合い、デジタル志向や、多様化するニーズにお応えする新たな価値を提供していくとともに、 アクサのパーパス(存在意義)「すべての人々のより良い未来のために。私たちはみなさんの大切なものを守ります。」を損害サービスを通じて「安心」という形でお客さまへ届けていく。
※1
ClaimCenterは、損害保険業務に特化された業界をリードするエンド・ツー・エンドの損害調査サービス管理システムである。ClaimCenterは、損害保険業界における全保険種目での活用が可能であり、迅速かつ的確な意思決定と事故の事案管理、そして業務コストの削減を実現します。ClaimCenterは、単独で、あるいは GuidewireInsuranceSuiteの一部として導入が可能である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、AI電話自動応答システムとRPAを活用し生命保険料控除証明書の再発行を完全自動化

損保

アクサ損保、岡田将生さん出演の自動車保険 新CM「子育て応援割引」篇を放映開始

損保

楽天損保、オンライン請求により支払所要日数を短縮

損保

アクサ損保、役員人事を発表

生保

第一生命、働き方改革の推進とCO2排出量削減に向け本社会計に係る書類業務をデジタル化

損保

三井住友海上、AIドローンとチャットボットを活用した「水災デジタル調査」導入

損保

セゾン自動車火災、AIを活用した保険金不正請求検知ソリューションの運用開始

損保

イーデザイン損保、AI(人工知能)を活用して自動車保険の不正請求を早期検知

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、エアロセンスとの提携による固定翼ドローンとAIを活用した水災損害調査を開始

生保

大同生命、シェアオフィスの利用開始

関連商品