シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、プラスチックごみ削減に向けた取組みと消費者行動の変化に関する調査を実施

セゾン自動車火災は、「消費者行動の変化に関する調査」を実施した。調査結果および同社で取り組んでいるプラスチックごみ削減に向けた取組みについて発表した。
1.調査実施の背景
2020年7月1日から、全国でプラスチック製買物袋の過剰な使用抑制を目的にレジ袋の有料化が開始された。また、今般の新型コロナウイルスの感染拡大は、消費者行動にも影響が及んでいる。
これらの背景を受け、食料品や日用品等の購買スタイルや買い物時の意識も変化していることが想定されたため、それら消費者行動に関する調査を実施した。
2.概要
(1)調査期間:2020年7月20日(月)~7月27日(月)
(2)調査方法:インターネット
(3)調査対象:全国在住の20歳以上の男女
(4)回答数:1,096人
3.調査結果のポイント
・レジ袋有料化については、その目的を含め全世代に理解が浸透
・新型コロナウイルスの感染拡大によって、3人に1人の消費者行動(食料品や日用品等の購買スタイル)が変化
・8割を超える方がレジ袋の購入を控え、持参したエコバッグや買い物袋で対応

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、【じぶんでえらべる火災保険】インターネットでの新規申込み手続き開始

損保

セゾン自動車火災、国立大学法人初となる東京大学債(ソーシャルボンド)に投資

損保

セゾン自動車火災、事故対応・契約関連における「手話・筆談通訳サービス」提供開始

損保

セゾン自動車火災、自動車運転者からみた自転車マナーに関する調査を実施

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険の「契約内容の変更手続き」サービスを開始

生保

大同生命、全国の中小企業経営者を対象とした毎月のアンケート調査「大同生命サーベイ」を実施

損保

au損保、自転車の車道通行に関する調査を実施

生保

住友生命、「Vitality」”加入者へのアンケート調査結果を発表

生保

日本生協連、新型コロナウイルス感染症についてのアンケート第3弾 結果を発表

生保

日本生命、「レジ袋有料化」に関するアンケート調査を実施

関連商品