新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス・MS&ADインターリスク総研の寄付を受け、東北大学大学院国際文化研究科が寄付講義を開講

2月6日より東北大学大学院国際文化研究科は、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスとMS&ADインターリスク総研の寄附を受けて、寄附講義「プロジェクトリスクマネジメントII」を開講する。
本寄附講義は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、グローバル人材育成や知の創出に資することを目的として、東北大学大学院国際文化研究科が開講するものであり、MS&ADインシュアランスグループはその趣旨に賛同し、グループにおけるサステナビリティ活動の一環として、寄附講義の開講に協力するものである。
東北大学は、「東北大学ビジョン2030」において、震災復興から持続可能な社会創造を見据えた新たな課題解決型研究を展開するとともに、社会を構成する多様なセクターとのパートナーシップのもと、SDGsを達成するための新たな社会価値を創造し、未来を拓く変革を先導する。
MS&ADインシュアランスグループでは、2018年度にスタートした中期経営計画「Vision 2021」において、2030年に目指す社会像として「レジリエントでサステナブルな社会」を掲げました。社会を取り巻く多様なリスクや社会的課題のソリューションを通じ、安定した人々の生活や活発な事業活動を支えるビジネスモデルの推進によって、持続的に成長し、SDGsの達成に寄与していく。
【講義の概要】
(1) 特徴
本講義では、社会におけるリスクとその対策および持続可能な開発についての理解を深めることを目的に、保険事業やリスクマネジメント理論に加え、SDGsに関するトピックを幅広くテーマとし、大学教員コーディネートのもと、当該分野の専門家やMS&ADインシュアランスグループの役職員がゲストスピーカーとして講義を行う。
(2) 講義の内容
1. 講義名
「プロジェクトリスクマネジメントII」(集中講座)
2. 担当
東北大学大学院国際文化研究科 劉 庭秀教授
3. 単位
2単位

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、IoTスマートごみ箱で観光地のごみ散乱抑止と再資源化を推進

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、人的資本経営に取り組む企業向けに保険料割引制度を導入

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

MS&ADインターリスク総研、土砂災害リスク評価マップ「どしゃブル(R)リスク評価マップ」開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、早稲田大学商学部に提携講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転レベル4による自動運転路線バスの定期営業運行に向け、市街地での自動運転率100%を目指した実証実験に参画

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADインターリスク総研、寄附講義「プロジェクトリスクマネジメントII」を開講

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADインターリスク総研、同志社大学商学部における寄付講座を開講

損保

あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、法政大学、空飛ぶクルマ普及に向けた共同研究を開始

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADインターリスク総研、全世界版「将来洪水ハザードマップ」を無償公開

関連商品